「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」を販売開始

Trend Micro Deep Securityによるぜい弱性対策と、VMware vSphereによる仮想化が行える機器一体型製品

株式会社日立システムズ 2014年07月14日

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、2015年7月15日(日本時間)にサポート終了を迎える予定のマイクロソフト社のOperating Sytem(OS)であるWindows Server 2003を利用しているシステムを、同OSのサポート終了までに移行できない企業に向けて、サポート終了後のOSのぜい弱性対策やハードウェア保守期限切れ対策、仮想化による複数サーバーの集約・統合によるコスト低減を実現する「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」を本日から販売開始します(出荷開始は8月1日)。

詳細はリリースページへ (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]