「ひと月に何冊、本を読んでる?」~約半数の学生が、1カ月に1~4冊の本を読んでいると回答~

株式会社リクルートキャリア 2014年09月18日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』( (リンク ») )は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「ひと月に何冊、本を読んでる?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「ひと月に何冊、本を読んでる?」記事はこちらから
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■属性別に見ると、女子学生よりも男子学生、理系学生よりも文系学生の方
が、多くの本を読んでいる傾向に。役に立った本についても公開。
――――――――――――――――――――

大学2年生~大学院2年生921人(うち男子学生455人、女子学生466人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:8月22日~8月24日)。
最近は、学生たちの本離れなども話題になっています。そこで今回は、ひと月に読む本の冊数や、そのジャンルなどについて、大学生・大学院生に尋ねてみました。 

まず、1カ月に何冊の本を読むのか尋ねたところ、全体の54.8%は1~4冊の本を読んでおり、23.9%は1冊も本を読まないことがわかりました。平均は3.1冊でした。属性別に見ると、女子学生よりも男子学生、理系学生よりも文系学生の方が、多くの本を読んでいる傾向が見られ、特に文系学生にその傾向が顕著に見られました。

次に、どんなジャンルの本を読んでいるのか尋ねたところ、「小説・エッセーなどの文学・評論」が74.0%で一番多く、次いで「専攻分野に関連した専門書」が46.1%、「資格取得のための参考書・問題集」が28.8%、「趣味やPC関連などの実用書」が22.5%で続きました。「その他」では、「ライトノベル」「マンガ」などが挙げられました。

「役に立った本のタイトルとその理由は?」という問いには、「『イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」』(安宅和人著)。物事を解決していくフローや、取り組み方を学ぶことができた」「林真理子の『野心のすすめ』。就活時に自分を奮い立たせるのに大いに役立った」「『リンゴの歩んだ道―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで』(富士田 金輔著)。ひとつの品種を開発し、確立するまでには地道な努力が必要なことがわかった」「『折れない心の作り方』(齋藤孝著)。すぐにはくじけないような、辛抱強くなるためのヒントを得ることができた」「『空飛ぶタイヤ』(池井戸潤著)。中小企業と大企業のかかわり合いについて、新しい視点が得られた」といった声が寄せられ、小説から実用書に至るまで、さまざまなジャンルの本を定期的に読んでいる学生たちも少なくないことがわかりました。


▼「ひと月に何冊、本を読んでる?」記事はこちらから
(リンク »)

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
(リンク »)

▼リクルートキャリアについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]