編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ガートナーがCrowe Horwath Global Risk Consulting を「チャレンジャー」と評価

Crowe Horwath Global Risk Consulting

From: 共同通信PRワイヤー

2014-10-24 10:45

ガートナーがCrowe Horwath Global Risk Consulting を「チャレンジャー」と評価

AsiaNet 58315 (1154)

【ロンドン2014年10月24日PRN=共同通信JBN】Crowe Horwath Global Risk Consulting ( (リンク ») )は 2014年10月7日、米ガートナー(Gartner、Inc.)の「Magic Quadrant for Global Risk Management Consulting Services」( (リンク ») )でジャクリーン・ヘンおよびジョン・A・ホイーラーによって「チャレンジャー」と評価された。リポートによると、「ガートナーはリスクマネジメント(RM)コンサルティングサービスを、企業がビジネスパフォーマンスにおける不確実性の影響を軽減することを支援するためにエキスパートによって推進される一連のコンサルティングサービス、と定義している。マネジメントコンサルティング会社はさまざまなRMサービスを提供しているが、このマジック・クアドラントはこれらのサービスが企業統治目標に向かってどれだけ健全にサポートしているか、またどれだけコンプライアンス上の要請に準拠しているかを考慮している」。

Crowe Horwath Global Risk Consultingのスティーブ・ストランメロ取締役会長は「ガートナーがCroweを『チャレンジャー』と名づけてくれたことをうれしく思っている。顧客がそれぞれガバナンスを変革し、リスクベースの決定を下し、効率的なコンプライアンスを維持するのを支援してきた当社の社員の能力と努力を反映したものであると感じている」と述べた。

Crowe Horwath Global Risk Consultingのジョナサン・バーネット最高経営責任者(CEO)は「わが社は国際的に世界をリードするいくつかの企業に仕えながら、グローバルな能力を成長させ続ける。われわれの顧客は本当にわが社の社員が複雑なリスクマネジメント上の諸問題を簡単にし、プラグマチックで持続性を維持するかたちで解決することを評価している」と述べた。

Crowe Horwath Global Risk Consulting では1000人以上のリスクコンサルティングのプロフェッショナルが世界の主な経済センターで働いている。

ガートナーは、リサーチ出版物に記載されたいかなるベンダー、製品、またはサービスを支持することもなく、また最高位にランクされたベンダーのみを技術ユーザーが選択するよう助言することもない。ガートナーのリサーチ出版物はガートナーの調査組織の意見によって構成されており、事実の記述と解釈すべきものでもない。ガートナーは、商品性あるいは特定目的に対する適合性を含め、明示的であれ暗黙的であれ、この調査に関するいかなる保証に対しても、その責任をすべて拒否する。

ソース: Crowe Horwath Global Risk Consulting

▽問い合わせ先
Jan Lippman, +1 312.899.8414, jan.lippman@crowehorwath.com
Amanda Shawaluk, +1 312.899.8416, amanda.shawaluk@crowehorwath.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]