インタビュー記事「モバイルファーストをけん引するHTML5によるハイブリッドアプリ」

アシアル株式会社 2014年10月31日

アシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕)は、インタビュー記事「モバイルファーストをけん引するHTML5によるハイブリッドアプリ」がZDnetに記載されたことをお伝えします。

###
 今から12年前の2002年に創業したアシアル株式会社は、PHPによるシステム開発や、iモード対応の業務アプリの受託開発などを行っていたが、スマートフォンが登場した2008年ごろからは徐々にスマートフォンアプリの案件が多くなってきたという。当初、iOS版はObjective-C、Android版はJavaといった具合にネイティブアプリの開発がほとんどだったが、現在ではHTML5によるハイブリッドアプリの割合が増えているそうだ。HTML5への取り組みを始めた経緯を、アシアル株式会社 代表取締役の田中正裕氏は次のように振り返る。

アシアル株式会社 代表取締役
田中正裕氏

 「HTML5は5年ほど前から注目して調査していました。従来のHTMLは、Webページの記述言語に過ぎませんでしたが、HTML5にはWebベースの標準技術でありながらパッケージングされたアプリケーションを構築できる、プラットフォームとしての将来性を強く感じたからです」

 実際に現場で採用したのは、4年前のあるモバイルアプリの案件から。「コンテンツの比重が高いアプリだったのですが、ネイティブアプリとして作ると、コンテンツの構成が変わるたびに同じような作業を対応OSごとにそれぞれ違う言語で繰り返さなければならない。コンテンツの表示ならHTML5で十分ですし、コンテンツの更新にも都合がよかった」(田中氏)

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アシアル株式会社の関連情報

アシアル株式会社

アシアル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]