デジタルサイネージRuby開発事例をトランスネットが公開しました。

株式会社トランスネット 2014年11月27日

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社はデジタルサイネージRuby開発事例を公開しました。

本事例はデジタルサイネージシステムのリプレース案件となります。当システムご利用のお客様の要件としては、タイムラインに沿ったイベント情報を案内板として表示したい、及び、複数の大型ディスプレイに表示する内容は同一のコンテンツではなく別々のものを表示したいという点のみでした。デジタルサイネージシステムは一般的に高価なシステムとなりますが、本システムでは、デジタルサイネージシステムにありがちな利用しない不要な機能を大幅に削減し、利用したい必要機能に特定し、利便性を追求したシンプルなデジタルサイネージシステム(サインボード)を目指しました。

事例の詳細資料は以下よりダウンロードできます。
興味がある方は是非ご利用ください。
(個人情報の登録が必要です)
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]