編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

写真家 山梨勝弘氏と作曲家 千住明氏による写真と音楽のコラボレーション「2015年版日立システムズオリジナルカレンダー」完成のお知らせ

「異なる価値の融合による新たな価値の創造」を具現化

株式会社日立システムズ

2015-01-05 00:00

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、従業員基点の経営モデルである「日立システムズWay」の下、企業理念・経営ビジョンにもとづき、「異なる価値の融合による新たな価値を創造することで、真に豊かな社会の実現に貢献する」ことをめざしています。このたび、当社がめざす方向性を社内外に表明するため、「日立システムズWay」の実践を具現化した2015年版日立システムズオリジナルカレンダーを制作しました。本カレンダーは、当社のこの想いに共感した写真家 山梨勝弘(やまなし・かつひろ)氏と作曲家 千住明(せんじゅ・あきら)氏という異なる分野の一流アーティストとのコラボレーションにより、「写真」と「音楽」を融合させた新たな価値を提供するカレンダーとして制作したものです。

日立システムズオリジナルカレンダー

写真家 山梨勝弘氏は、日本の風景写真の第一人者として、これまでも当社のオリジナルカレンダーへの作品提供を通じ、日本の風景や自然の美しさを伝えてきました。
一方、作曲家 千住明氏は、当社提供のFMラジオ局J-WAVE東日本大震災復興支援番組「Hitachi Systems HEART TO HEART」の2013年ナビゲーターとして被災地の現状を伝えたほか、2014年春には当社の特別協賛により復興支援コンサートを東京と仙台で開催するなど、当社と連携して復興支援活動に取り組んできました。
このたび、この二人のアーティストが、当社が標榜する「異なる価値の融合による新たな価値の創造」に共感したことにより、従来は「写真」がメインとなるカレンダーに「音楽」という異なる価値を掛け合わせ、そこに生まれる新たな価値をITを通じて提供する、まったく新しいカレンダーとなりました。

カレンダーに印刷された各月の二次元コードから専用のWebページに飛ぶことにより、季節感溢れる山梨氏の日本の風景写真と千住氏の楽曲を「音楽のある風景」として、動画でご覧いただけます。千住氏の楽曲は、日立システムズの事業活動や今回のカレンダーのテーマならびに山梨氏の作風からインスピレーションを受けてこの企画のために書き下ろした12曲を、千住氏の指揮の下、Warsaw Philharmonic Chamber Orchestraにより演奏したものです。一流アーティスト同士のコラボレーションをぜひお楽しみください。
日立システムズは、山梨氏と千住氏による本コラボレーション企画を通じて、企業理念の一文に掲げる「新たな価値の創造」を社内外に表明するとともに、日立システムズWayを実践してまいります。
そして、日立システムズグループが一丸となり、世界につながる人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスを創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

詳細はこちら (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日立システムズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]