海外のRuby on Rails関連のイベントのご紹介 2015年版

株式会社トランスネット 2015年02月18日

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社は野田貴子氏によるコラム「海外のRuby on Rails関連のイベントのご紹介 2015年版」を公開しました。

「Ruby on Railsとはあなたにとって何ですか?」答えはみなさんそれぞれあると思いますが、特に海外のブログで「コミュニティです」という答えを多く見かけます。社外の人とも情報共有し、技術力を高め合い、人脈を広げられるコミュニティは特別な存在なのでしょう。

一般的にオープンソースは開発者や利用者のコミュニティに支えられていますが、RubyやRuby on Railsのコミュニティは他のオープンソースのコミュニティよりも活動が活発ですよね。筆者が簡単に検索しただけでも、2014年には43件のRails関連のカンファレンスが開催されていました。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]