編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

JAソーラーのタイプ1モジュールがUL1703のクラスA燃焼試験に合格

JA Solar Holdings Co., Ltd.

From: 共同通信PRワイヤー

2015-07-07 11:40

JAソーラーのタイプ1モジュールがUL1703のクラスA燃焼試験に合格

AsiaNet 61095 (0884)

【上海2015年7月6日PRN=共同通信JBN】高性能太陽光発電製品の世界最大手メーカーの1つであるJAソーラー・ホールディングス(JA Solar Holdings Co., Ltd.、Nasdaq:JASO)(以下JAソーラー)は6日、同社の標準モジュールが、タイプ1モジュール向けUL1703規格に従うクラスA燃焼試験に合格したと発表した。試験の中で、JAソーラーのタイプ1モジュールに使用する計6セットのBOM(部品材料表)がインターテック(Intertek)社が実施したULクラス1燃焼試験に合格した。これにより、JAソーラー中国でこの試験を初めてクリアした太陽光発電(PV)モジュール大量生産企業になった。

Logo - (リンク »)

この数年、太陽光発電の設置は前例のないペースで世界的に急速に成長しており、太陽光電気のエンドユーザーからのより良い質とより高い信頼性を持ったPV製品の需要増とともに、さまざまなレベルの立法府と政府からのPV設置のためのより厳格な安全性、環境、災害規制に対応するため、PVモジュールに対する信頼性認証の標準規格と基準は常に更新され、拡大されてきた。

UL-1703によって設定されたタイプ1PVモジュールに対するクラスA燃焼試験は、ガスフレームから10分以上の直接トーチ燃焼に耐えられるかどうかのモジュール試験(風速5.4±0.2m/sでフレーム温度は760±28oCであり、許容フレーム拡散距離は1.82メートル以下)を必要とする。クラスA試験の基準は、これまで広く受け入れられてきたクラスC基準のそれよりはるかに厳しい。クラスC基準は試験されるPVモジュールが直接燃焼で4分間以上(風速5.4±0.2m/sでフレーム温度704±28oC、許容フレーム拡散距離3.9メートル以下)となっていた。インターテックが実施したクラスA試験の最中、JAソーラーのタイプ1モジュールは自己可燃状態にならずに地獄の光景さながらの熱に耐えたばかりでなく、フレームトーチはPVパネルを通過して延焼させることもなかった。

UL1703クラスA試験に合格したJAソーラーのタイプ1モジュールは1度ならず、顧客に高性能、高品質、信頼できるPV製品を供給し、技術革新と性能向上を通じてクリーンエネルギーの需要増に応えるというJAソーラーの長年のコミットメントを示すものである。

ソース:JA Solar Holdings Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]