主要クラウドへのヤマハルーターの接続例を紹介したページを公開

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2015年09月25日

SCSK株式会社 ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワークプロダクト部は、AWS、Cloudⁿ、ニフティクラウド、Microsoft Azureなど主要クラウドへのヤマハルーターの接続例を紹介したページを公開しました。

ご存知の方も多いと思いますが、ヤマハのルーターの歴史は古く、日本のインターネット普及元年に近い1995年にルーター市場に参入されています。その後、中小規模ネットワーク、SOHOを中心とした多くの企業に導入いただき、中堅中小向けのルーターの代名詞と呼ばれるくらいになったと個人的にもいます。そして、国内において2013年にはSOHOルーター市場シェアNo.1を確立しています。

* 出展:IDC Japan「国内ルーター市場2013年の分析と2014年~2018年の予測」(IDC #14010103、2014年5月発行)

中小規模ネットワークでは専任のネットワーク管理者が常駐していないケースが多く、設定、運用、管理の負荷軽減を強く求められています。現在のヤマハのルーター製品はとてもGUIが優れており、ある程度リテラシーがある方でしたら、どなたでもヤマハルーターをより簡単に導入いただけるようになりました。

実際に設定画面を見るとお分かりいただけると思うのですが、とても整理されていて直感的に使えそうな感じを受けます。

ヤマハルーター製品の国内総販売代理店であるSCSKはより幅広い方が容易に設定できるようにと、AWS、Cloudⁿ、ニフティクラウド、Microsoft Azureへのヤマハルーターの接続例を紹介したページを公開しました。

設定例について興味がある方は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチの関連情報

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]