テヘランでEnergy Globe World Awardsの授賞式、持続可能性の世界的なセンターに

Energy Globe International 2016年01月15日

From 共同通信PRワイヤー

テヘランでEnergy Globe World Awardsの授賞式、持続可能性の世界的なセンターに

AsiaNet 63088 (0052)

【ウィーン、テヘラン(イラン)2016年1月14日PR Newswire=共同通信JBN】持続可能性に対する最も重要な世界的賞であるEnergy Globe World Awardsが1週間後足らずの1月19日、再び授与される。受賞候補者は世界中に放送され、約10億人が視聴するテレビ式典の中心となる。候補者は地球、火、水、空気、若者の5部門で争う。このユニークな環境式典のイベント会場は、人口1200万人の都市テヘランのシンボルであるミーラードタワーである。

プレゼンターはロウハニ大統領、インドのマネカ・ガンジー女性・児童育成相、ノーベル平和賞共同受賞者のムナシンゲ教授、並びに政財界の上級代表である。

約70カ国の代表が参加するこの式典で、持続可能性の新時代がイランで開幕する。例えば5000メガワットの太陽光発電など、今後3年間における再生可能エネルギー利用のプログラムは驚異的である。

このイベントのモットーは、話し合いはやめて行動を開始しようというものである。これは、今年、177カ国のほぼ2000件の提案の中から国際審査員団が選出した受賞候補者によって共有されるビジョンである。

プロジェクトには、オーストラリアの再生された超高層ビル、エチオピアの侵食と戦うプログラム、中国の雨水公園、タンザニアの飲料水プログラムなどが含まれる。若者部門はまた、ベリーズの環境フットボールトーナメントやナイジェリアの若い農民向け教育プログラムなどのプロジェクトにより若者たちがいかに地球保全のために努力しているかを示している。候補者に関する詳しい情報は (リンク ») を参照。

確実なことが1つある。つまり、これらすべてのプロジェクトの本質は、われわれ地球上でそれぞれの資源問題に対して容易に利用可能なソリューションがあるということを示している、ということである。

▽問い合わせ先と関連写真
Energy Globe
contact@energyglobe.info
(リンク »)
+43761731010

ソース:Energy Globe International

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]