Ruby on Rails海外事情コラム『作者が語るRailsの未来』

株式会社トランスネット 2016年02月25日

Ruby開発に強いトランスネットはRuby on Rails海外事情コラム『作者が語るRailsの未来』を公開しました。

###
こんにちはー。野田貴子です。今月も海外のRailsブログで面白いものを意訳して紹介していきます。
2016年にあたり、Railsの製作者David Heinemeier Hansson(DHH)氏に対して行われたインタビュー記事がありましたので紹介します。年々ウェブが進化・複雑化する中での、Railsの立ち位置などについて語っています。
さて、以下が上記の意訳文章+所感です。以下の文章を読まれるうえで、「enjoyable for small teams」と「The beautiful monolith」の二つのキーワードを頭においてからy間れると、より深く理解できると思います。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]