Rails初学者がつまずきやすい「アセットパイプライン」

株式会社トランスネット 2016年02月29日

Ruby開発に強いトランスネットが野呂浩良氏によるコラム”Rails初学者がつまずきやすい「アセットパイプライン」”を公開しました。

###
こんにちは。タイムシフトの野呂です。

私は、34歳で約2ヶ月間集中して自習してWebアプリケーションの開発を行い、Rails3技術者認定ブロンズを一発合格した経験があります。本業では、プログラミング・スクール「Dive into Code」の講師を務めています。

今回は、つまずきやすいポイント「アセットパイプライン」について解説をします。効果的に学習を進めるためのお役に立つことができましたら、幸いです。

★アセットパイプライン

Ruby on Rails は、どのようなWebアプリケーションを開発する際にも共通して作成する必要があるものを、自動的につくることができます。Webアプリケーションフレームワークのひとつです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク ») がつまずきcolnr「アセットパイプライン/

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]