AUTH.11 サードパーティAP連携オーセンティケータ販売開始

コスモエア株式会社 2016年03月07日

AUTH.11 システムは、ARUBA/HP/RUCKUS等、Captive Portal ダイレクト連携サポートするAPと連携して認証アクセス機能を提供しているが、それ以外のベンダーのWLANシステムを採用している事業者においても、幅広くゲストWiFiシステムを展開できるよう、WiFi オーセンティケータの販売を開始している。
今回 WLANシステムではトップブランド2社であるCISCO WLC、 及び ARUBA WLC システムと連動動作する 2件のAUTH.11システムが年初より稼働を開始した。

オーセンティケータはWLC とインターネット間に設置して、インターネット接続しようとするユーザトラヒックを強制的に WEBAUTH にリダイレクトさせて、インターネットアクセス制限をするためのネットワークアプライアンス。
オーセンティケータ導入で、WLAN ベンダー固有のCaptive Portal 連携仕様に依存することなく、共通の仕様で稼働するため、標準的Captive Portal 仕様にて短期間で導入できる。

250/2000 同時セッション認証アクセスの2種類のオーセンティケータを販売している。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コスモエア株式会社の関連情報

コスモエア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]