編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

新日鉄住金グループ マレーシアのニッポン イーガルブ スティール社がパイオニア エレクトロニクス アジアセンター社より「ベスト サプライヤー アワード2016」を受賞

新日鐵住金株式会社

From: Digital PR Platform

2016-08-01 13:47


新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)のマレーシアにおける電気亜鉛めっき鋼板製造・販売会社ニッポン イーガルブ スティール社(Nippon EGalv Steel Sdn. Bhd. 以下、Nippon EGalv)は、7月29日(現地時間)に、パイオニア エレクトロニクス アジアセンター社より“Best Supplier Award(ベスト サプライヤー アワード)2016”を受賞しましたのでお知らせいたします。

この賞は、パイオニア エレクトロニクス アジアセンター社およびパイオニア テクノロジー マレーシア社が開催するサプライヤー・カンファレンスにおいて、<半導体・電気部品>、<機構部品(インドネシア)>、<機構部品(マレーシア)>の3つの分野から品質管理・環境対策・コスト競争力・デリバリー対応・技術開発・サービス提供の項目で著しい貢献のあったサプライヤー9社に贈られるもので、Nippon EGalvの受賞は今回が初めてとなります。

Nippon EGalvは、パイオニア エレクトロニクス アジアセンター社が統括するインドネシア工場に対し、同工場の2013年の立ち上げ当初から現在に至るまで電気亜鉛めっき鋼板を供給しております。マレーシアの立地を生かした高い納期対応力、安定稼働への貢献、同工場との共同取組みが評価され、今回の受賞となりました。

Nippon EGalvは、2011年の当社連結子会社化以降、日系を中心とする電機メーカー・OAメーカーへの販売を拡大してきました。今後も新日鉄住金グループの一員として、マレーシア国内および周辺国のお客様のものづくりに貢献してまいります。


<Nippon EGalvの概要>
1.会社名 Nippon EGalv Steel Sdn. Bhd.
2.所在地 マレーシア ペナン州
3.出資構成 新日鐵住金:50.10%、Tatt Giap Group Berhad:27.12%、阪和興業株式会社:22.78%
4.事業内容 電気亜鉛めっき鋼板(耐指紋鋼板※およびリン酸処理鋼板)の製造・販売
       ※新日鉄住金からライセンス供与
5.従業員数 約150名(内 新日鉄住金からの派遣者:6名)
6.生産能力 約12万トン/年


(お問い合わせ先)総務部広報センター Tel:03-6867-2146
以 上
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]