編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

イサナドットネットがRoBoHoNの認定開発パートナーに 健康管理をサポートするRoBoHoN向けアプリを開発しCEATEC JAPAN 2016のシャープ運営ブースにて展示

イサナドットネット株式会社

From: DreamNews

2016-10-03 13:30

イサナドットネット株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:石谷伊左奈、以下 イサナドットネット)は、シャープ株式会社(大阪府堺市堺区 代表取締役社長:戴正呉、以下シャープ)の開発・提供するモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(以下 ロボホン)」の認定開発パートナーとなり、ロボホンのアプリ開発事業を開始したことを、2016年10月3日に発表しました。第一弾として、健康管理をサポートするロボホン向けアプリケーションを開発し、同年10月4日から開催される「CEATEC JAPAN 2016」のシャープ運営ブースにて展示します。



イサナドットネットは、今般シャープの開発・提供するモバイル型ロボット電話「ロボホン」の認定開発パートナーとなり、ロボホンのアプリ開発事業を開始しました。第一弾として、ロボホンが医療機器と連携し健康管理をサポートするアプリケーション「Bism for RoBoHoN(ビズム フォー ロボホン)」を開発し、「CEATEC JAPAN 2016」のシャープのロボホン展示ブースにて展示します。本製品は、ロボホンが利用者に血圧計や体温計などの定期的なデータ計測を促し、計測されたデータはクラウドに記録します。記録されたデータは医師や介護士などが遠隔から確認することも可能です。

CEATEC JAPAN 2016 展示製品「Bism for RoBoHoN」の特長
・ロボホンが利用者に定期的なデータ計測を促し、計測習慣化を支援します。
・ロボホンが血圧計・体温計・体重計の操作方法や、計測結果を教えてくれます。
・測定結果はクラウドに記録され、医師や介護士が遠隔から状況確認することが可能です(弊社のヘルスケアプラットフォーム「Bism Hub」と連携)。

[関連URL]
  (リンク »)

[Bism Hubについて]
 医療機器・ウェアラブルデバイスからのデータを収集・分析するデジタルヘルス時代のヘルスケアプラットフォームです。重大な疾患を持つ患者のモニタリング、製薬会社の治験へ活用でき、医療費の抑制、利用者の生活の質の向上へ期待ができます。
(リンク »)

※ 「ロボホン」「RoBoHoN」はシャープ株式会社の商標または登録商標です。

<本件についてのお問合せ>
TEL:050-3816-2540  Mail:sales@isana.net  担当:イサナドットネット 谷野・阿部



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]