EY、2016年の全世界の業務収入は昨年度比9%成長

新日本有限責任監査法人 2016年10月06日

From 共同通信PRワイヤー

2016/10/6

新日本有限責任監査法人

EY、2016年の全世界の業務収入は昨年度比9%成長
業務収入は296億米ドル、6年連続の成長を達成

EYは、2016年度(2016年6月末日)の業績を10月6日発表しました。全世界の業務収入は296億米ドルとなり、前年比9%増加(現地通貨ベース)となりました。
2013年にVision 2020プランをスタートして以来、9.2%の年間平均成長率を記録しています。
2016年度はすべての事業分野において堅調な成長を達成しました。監査・保証業務は4.8%、アドバイザリー業務は13.1%、税務業務は9.6%、トランザクション・アドバイザリー・サービス業務は14.2%の増収となりました。主なポイントは以下の通りです。

■ EYは6年連続の記録的成長を達成しました
■ すべての事業分野、および先進国と新興国市場を含むすべての地域において、堅調な成長を達成しました
■ 大規模なトランスフォーメーションとキャピタルトランザクションにより、アドバイザリーおよびトランザクションビジネスが急速に成長しました
■ デジタルトランスフォーメーション、アナリティクス、人工知能、ロボット工学およびグローバルな研究拠点(CoE:Center of Excellence)に大規模な投資を行いました
■ 26件の買収および7件のグローバルな事業提携により、リソースとサービス提供能力を拡大しました
■ ユニバーサム社による「世界で最も魅力的な企業(The World's Most Attractive Employer)」ランキングにおいて、プロフェッショナルサービスの中でトップ、ビジネス部門全体でも3位を獲得しました

詳細は、ニュースリリース英語版をご覧ください。
(リンク »)




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]