編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「カフェインクリア製法」(特許製法)が「全国清涼飲料工業会賞」を受賞!

キリン株式会社

From: Digital PR Platform

2016-10-14 14:00


キリン株式会社(社長 磯崎功典)の飲料技術研究所(所長 吉田有人)が開発した当社の独自技術である「カフェインクリア製法」(特許取得済)が、2016年日本清涼飲料研究会(事務局 一般社団法人 全国清涼飲料工業会)において、栄誉ある「全国清涼飲料工業会賞」を受賞しました。
また、10月14日(金)に日本教育會館一ツ橋ホールにて表彰式が行われます。

「カフェインクリア製法」は、緑茶や紅茶の味や香りなどのおいしさを維持しながら、茶中のカフェインを選択的に吸着除去する当社の独自技術です。カフェイン除去の方法としては熱湯などで茶葉そのものからカフェインを洗い流す方法が一般的ですが、当社の飲料技術研究所では、味わいや香りを維持するため緑茶や紅茶の抽出液から除去する方法に挑戦しました。そして、カフェインを選択的に吸着する天然吸着剤を活用することにより、カフェイン除去とおいしさを両立するとともに、飲料適性と汎用性を兼ね備えた同製法の開発を実現しました。

本技術は、キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)が製造・販売する、ペットボトル緑茶飲料として世界初※1となるカフェインゼロの「キリン カフェインゼロ生茶」や、ペットボトル入り紅茶飲料で日本初※2となるカフェインゼロ※3、カロリーゼロ※4を実現した「キリン 午後の紅茶 こだわり素材」シリーズなどに活用しています。
※1 ペットボトル緑茶史上初(100ml当たりカフェイン含有量0.001g未満のPET容器詰め緑茶飲料、2014年2月SVPジャパン調べ)
※2 当社調べ
※3 0.001g(100mlあたり)未満を0gと表記
※4 食品表示基準に基づき、5kcal(100mlあたり)未満を0kcalと表記

【受賞研究】
・「天然吸着剤を用いた茶飲料からのカフェイン除去技術の開発」

【「全国清涼飲料工業会賞」とは】
・清涼飲料水(関連する分野を含む)の科学技術に関する優れた業績であって、清涼飲料業界の振興に資する業績に対して授与されます。


キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]