編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

スマホと音声SIMがセットで、ずっと月額1,980円!gooが業界最安値を実現、“縛り”も6ヶ月のみ

NTTレゾナント株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2016-10-17 14:37

2016年10月17日

NTTレゾナント株式会社

スマホと音声SIMがセットで、ずっと月額1,980円!
gooが業界最安値を実現、“縛り”も6ヶ月のみ
(リンク »)

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、2016年10月18日(火)、当社が運営するポータルサイト「goo」内のスマホ関連オンラインショップ「gooシムセラー」において、分割払いで購入できる「SIMフリースマホ+音声通話対応格安SIM」のセットを販売開始します。最新LTEスマホ「g06」と「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」のセットは、月額1,980円(*1)です。本価格は、キャンペーン価格や割引き価格ではないため、SIMフリースマホと音声通話対応SIMの通常セットとしては業界最安値(*2)となります。また、最低利用期間(いわゆる“縛り”)は6ヶ月のみ(*3)となっています。なお、本セットは、スマホとSIMカードを同梱してお客さまの手元に届けるため、乗り換えのお客さまも、ほぼ不通期間がなく音声通話・データ通信の利用が可能です。

■初期費用・手間・時間を最大限抑えてスマホデビュー!
 gooは、2015年4月から「gooのスマホ」の発売を開始しています。これまで端末代金は加入時の一括請求のみでしたが、お客さまからの「初期費用を抑えて格安スマホデビューしたい」というニーズの高まりに応え、この度、スマホ端末代金の24回分割払いに対応しました。これにより、例えば最新のLTE対応小型スマホ「g06」と「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」のセットが月額1,980円(税抜)となり、現時点での業界最安値を実現しました。
なお、本セットでは、端末とSIMを同梱してお客さまの手元にお届けするため、他社からのMNP転入(*4)においても、自宅での即時開通が可能です。

■販売概要
1.販売開始日:2016年10月18日(火)
2.販売価格:月々1,980円(税抜)~
下記「3.対応端末」に記載の端末分割払い料金と、「4.通信サービス」に記載の「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」の月額利用料の合算となります。
3.対応端末
2016年10月18日時点で10端末が対象となります。今後、随時新端末を追加していく予定です。詳細は「NTTコムストア by gooSimseller」をご参照ください(*5)。
(リンク »)

4.通信サービス
「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」 ( (リンク ») )
月額利用料:月額1,600円(税抜)~
※ 別途、ユニバーサルサービス料、および通話料とSMS送信料がかかります。また、SIMカード1枚につき、「050 plus」( (リンク ») )の1番号まで月額基本料およびユニバーサルサービス料を無料で利用できます。  
※MNP(番号ポータビリティ)で今お使いの携帯番号をそのままで乗り換えることができます。


【補足】
(*1) 「g06」+「OCNモバイルONE:音声通話プラン(110MB/日コース)」を購入の場合。端末の分割支払金はNTTレゾナントから、SIM月額使用料は NTT Com より請求されます。お支払いに関してはクレジットカード決済のみの対応です。「g06」の機器購入代金は24回の分割払いの金額です。端末代金の24回分割払い完済後は、月々、「OCN モバイル ONE」のプラン料金のみの請求となります。
(*2) 2016年10月17日時点での当社調べ。「スマホ+音声対応SIM(月3GB相当)」の分割払い時の2年間総額で調査。
(*3) NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)が定める「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」の最低利用期間です。
(*4) MNP転入される場合、現在ご契約の携帯電話会社にMNP転出手数料3,000円(税抜)や契約内容により契約解除料などの支払いが必要となります。
(*5)当社が運営する「gooシムセラー」は、楽天市場やYahoo!ショッピングにも出店しておりますが、この度の分割払いは、goo内の「gooシムセラー」(通称:gooシムセラー本店)のみで可能です。
(*6)別途SIMカード初期費用3,000円(税抜)が発生します。NTT comより料金請求されます。
(*7)SIMカード初期費用3,000円(税抜)を含みます。NTT comより料金請求されます。

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]