編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

世界をオレンジ色に 女性に対する暴力撤廃キャンペーン賛同イベント開催

文京学院大学

From: Digital PR Platform

2016-12-05 17:08


文京学院大学は、UN Women日本事務所が実施する女性に対する暴力撤廃に向けたキャンペーンに賛同し、12月8日(木)、外国語学部の甲斐田万智子教授の授業「国際文化協力」などを履修した学生有志および、本学グローバルボランティア部所属学生らによる、オリジナルイベントを開催します。


<開催の背景>

本学外国語学部では、世界の女性や少女の人権問題をテーマとした授業を開講しています。そうした科目を担当する甲斐田万智子教授の授業で学んでいる学生有志が、授業で学んだことを実際の社会でも行動を起こそうと、今年10月に世界の少女たちの人権と生き方をテーマとする映画『Girl Rising ~私が決める、私の未来~』の上映会を開催し、学生や文京区民など約100名が参加しました。

映画上映会に続く活動として、UN Women(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)が展開する女性に対する暴力撤廃キャンペーンに賛同し、オリジナルイベントを開催します。UN Womenでは毎年11月25日(女性に対する暴力撤廃の国際デー)から12月10日(人権デー)までの16日間、暴力のない明るい未来の象徴として、学校や建造物・史跡のランドマークといった街中をオレンジ色に染めるキャンペーンを展開しています。イベント当日は、本学も同キャンペーンにもとづき、約30名の学生がオレンジ色の紙で女性に対する暴力に反対するメッセージを作成し、SNSを活用して世界に向けた情報発信を行うことで、女性に対する暴力撤廃のために活動している世界中の方々との連帯の意思を表示します。


<開催概要>

日時 : 2016年12月8日(木) 12:20~13:10 (オレンジ色メッセージカードへ書き込み・写真撮影)
場所 : 文京学院大学 本郷キャンパス (東京都文京区向丘1−19−1)
主催 : 甲斐田教授の授業履修生有志、グローバルボランティア部
参加学生 : 30名(1年生8名、2年生7名、3年生13名、4年生2名)


【本件に関する報道関係者様のお問い合わせ先】
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室)  
三橋、谷川   電話番号:03-5684-4713
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]