株式会社クライム、仮想化・クラウド対応のセキュリティ製品「HyTrust DataContorol」と「HyTrust CloudControl」の販売開始

株式会社クライム

2017-03-29 14:00

株式会社クライム(本社:東京都中央区)はクラウド専業セキュリティ・ベンダーの米国HyTrust社と代理店契約を締結し、「HyTrust DataContorol」と「HyTrust CloudControl」の2製品の販売を本日3月29日から開始することを発表しました。
HyTrust社の2製品について:

■ HyTrust DataContorol : クラウドと仮想マシンの暗号化とキー管理
昨今機密データも安心してクラウドに保存できる、そんな解決策が必要とされているのは明らかです。頻発するデータ漏洩事件を見ると、ユーザーアカウントとパスワードが暗号化されずにテキスト形式で保存されていた事例が頻発しています。HyTrustのDataContorolでこのような問題は比較的簡単に解決できます。
HyTrustの暗号化エージェントはわずか数秒でインストールでき、強力なキー管理機能が、既存の処理に影響せずに、安心・確実なソリューションをもたらします。これによりユーザは機密データを安心してクラウドに保存できます。
HyTrust KeyControlは仮想サーバー、物理サーバーのどちらにも簡単に導入できます。HyTrust DataControlの暗号化エンジンと連携し、すべての暗号化およびキー管理ポリシーを中央集約的に自動管理することができます。

■ HyTrust CloudControl:アクセス制御、内部統制、セキュリティポリシーの徹底
IT資産管理には、クラウド セキュリティの強化が欠かせません。多くの企業にとって仮想化インフラは命綱で、ハイパーバイザーは全権を支配します。クラウド セキュリティにより一層の注意を払い、ハイパーバイザーを堅牢にし、アクセスにしっかりと鍵をかけ、仮想環境を監視し、管理を万全にすることの重要性がかつてないほど増しています。

HyTrust CloudControlは、VMwareのvSphere、NSXおよびESXiの管理者がすでに使い慣れているGUIには影響を与えずに、各種セキュリティの強化やそのポリシーの徹底を可能にします。透過型プロキシとして配備されるので、管理者が普段使い慣れている画面から実行した処理を、適宜仲介し、調整します。認可された処理はそのまま実行し、認可されない処理はブロックして、追加の認可申請を可能にします。
■ 価格:
オープン価格:DataControlはVM(仮想マシン)単位、CloudControlはCPUソケット単位のライセンスになります。

■HyTrust製品の評価申込について:
HyTrust製品の評価版は クライムのWebサイトから申し込みすることができます。
(リンク »)

■ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、アプリケーション開発、ソフトウェア輸入販売サポート、Webコンテンツ企画・制作、米国企業日本市場参入支援、技術者派遣サービスを提供しています。自社コンテンツとして日本市場と米ITベンチャーを結ぶ情報ゲートウェイ「Silicon Valley Gateway」などがあります。
所在地:〒東京都中央区日本橋蛎殻町1-36-7
TEL: 03-3660-9336 Fax:03-3660-9337
URL: www.climb.co.jp

■ HyTrust社について
HyTrust社は仮想化・クラウドに対応したセキュリティ/コンプライアンス・ソリューションのパイオニア企業です。本社を米国カリフォルニア州に置き、製品は世界で多くのユーザに利用されています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社クライム ソフトウェア事業部
TEL: 03-3660-9336 Fax:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]