編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

重量床衝撃音を低減させて室内の静ひつ性を高めるTMD内蔵スラブを開発 -- 金沢工業大学 建築学科 山岸教授らが開発

金沢工業大学

From: Digital PR Platform

2017-04-08 08:05


金沢工業大学建築学科の山岸邦彰教授は、三井住友建設株式会社と油化三昌建材株式会社と共同で重量床衝撃音を低減できるスラブ(“SST”; Silent Slab using TMD、特許出願中)を開発した。重量床衝撃音とは子供の飛び跳ねや人の歩行により生じる低く、鈍い音のことで、マンションなどの集合住宅における苦情の原因の一つでもある。床を支える構造物をスラブと言うが、山岸教授らはTMDを内蔵させたスラブを開発し、スラブを厚くすることなく重量床衝撃音を低減させることに成功した。


 TMD(Tuned Mass Damper)とは、振動する物に対して、ある周期で振動する質量の小さい「おもり」がついた振動体を設置することにより、その周期付近の振動を低減させることができる仕組みのことをいい、この原理は古くから知られている。しかし、この仕組みを安価に導入することが課題であり、コンクリート板と発泡スチロール(EPS)でTMDを構成した点が本開発のポイント。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7−1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]