ラクビーワールドカップ201(TM)釜石開催に向けてキックオフ! 岩手県の実行委員会が4月21日に発足

岩手県 2017年04月21日

From 共同通信PRワイヤー

2017年4月21日

岩手県

ラクビーワールドカップ2019(TM)釜石開催に向けてキックオフ!
岩手県の実行委員会が4月21日に発足

 ラグビーワールドカップ2019(TM)の釜石開催に向けて、岩手県や釜石市を含む146の関係者からなる「ラグビーワールドカップ2019釜石開催実行委員会」の設立総会が、4月21日(金)盛岡市のサンセール盛岡で開催されました。

 実行委員会会長として設立総会に出席した達増拓也岩手県知事は、釜石市でのワールドカップ開催について、「東日本大震災津波の被災地を代表して、世界中から頂いたご支援への感謝の思いと、復興の姿を国内外に発信する大きな役割を担っている」と大会への想いを述べました。

 今後は、釜石開催を県内外に強くアピールし、大会の成功に向けた機運をさらに高めていくとともに、「広報・イベント」、「交通輸送・宿泊」、「ボランティア・おもてなし」、「警備・消防・医療救護」の各専門部会を立ち上げ、受入準備を本格的に進めていきます。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 真に基幹系システムを動かすクラウドの条件とは?

    今、企業においてクラウドは、あたりまえの選択肢となっている。しかし根幹を支える基幹系システムでは、クラウド化を検討しても諦めている企業が多い。その理由は?そして解決策は?