AdRollが「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続を開始

AdRoll株式会社 2017年06月29日

From PR TIMES

「Yahoo!アドパートナー」の広告枠への配信が可能に

パフォーマンス広告テクノロジー企業のAdRoll株式会社(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人代表:香村 竜一郎、以下AdRoll)はこの度、ヤフー株式会社(本社:東京都 千代田区、代表取締役社長:宮坂 学)が提供する広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続し、媒体社向け収益化プログラム「Yahoo!アドパートナー」の広告枠に向けた配信を開始いたしました。



[画像: (リンク ») ]


この接続によりAdRollでも、「Yahoo!アドパートナー」の広告枠に対して広告を配信できるようになります。また、引き続きAdRollが有する12億超の世界最大規模のデータセット、AdRoll IntentMap™を活用し、独自のアルゴリズムで適切な広告スペースを適切な価格で入札することで、新しいオーディエンスへアプローチが可能なため、見込み客を顧客に転換させ、育成させるという購買ファネル全てを網羅したフルファネルマーケティング施策の更なる効果が期待できます。

日本法人代表の香村 竜一郎は次のようにコメントしています。
「この接続でAdRollは、さらに広告配信の幅が広がり、より幅広いユーザーにリーチできるようになりました。AdRollでは、PC、モバイル、タブレットなどデバイスを横断しオーディエンスへリーチが可能で、幅広いウェブへの配信、そしてソーシャルやアプリ内の配信面にも広告配信を行うため、広告配信先の選択肢が多いことが特徴です。広告施策の目的に応じてのより細やかな配信運用が強みでしたが、この接続によりその幅がさらに広がったことを嬉しく思います」

AdRollは今後もデジタルマーケティングに関する様々なサービスと連携を進め、広告主の皆様が効果的なマーケティング活動を展開できるよう支援してまいります。


「Yahoo!アドエクスチェンジ」参考URL (リンク »)
「Yahoo!アドパートナー」URL (リンク »)



■ AdRollについて
AdRollは世界で最も幅広い顧客層に利用されているパフォーマンス広告プラットフォームを提供し、全世界で3万5千社を超える広告主に採用されています。2015年6月には新規顧客へのリーチを拡大するAdRoll Prospectingサービスを開始しました。フレキシブルなプラットフォームにより、あらゆる規模の企業が自社ウェブサイトから得た顧客データを活用し、個々のユーザーにパーソナライズされた広告キャンペーンを、高いオンライン広告費用対効果で実施できるように支援するとともに、Google、Facebook Exchangeなど最大規模の広告インベントリーソースにわたって比類のない透過性とリーチをもたらします。サンフランシスコに本社を構え、ニューヨーク、ダブリン、ロンドン、シドニーにオフィスを開設しています。また、Foundation Capital、Institutional Venture Partners、AccelPartners、Merus Capital、Peter Thielなどの主要投資機関の支援を受けています。
詳細については、www.adroll.com、AdRoll株式会社についてはこちらwww.adroll.jp をご覧ください。

AdRollの情報ソース(日本語): (リンク »)
ブログ: (リンク »)
情報/レポート: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)


■ 本件に関する報道関係者からの問い合わせ先
AdRoll マーケティングチーム japanmktg@adroll.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。