「WindowsでRuby on Railsを使うということ」

株式会社トランスネット 2017年08月03日

Ruby開発に強いトランスネットが中越智哉氏のコラムを公開しました。 「WindowsでRailsを使うということ」 興味がある方はご覧ください。

###
私は、普段IT研修講師をしておりまして、RubyやRailsの研修をすることも多いです。

IT研修においては、やはり実習用のPCとしてWindowsマシンを準備することが多いため、Windowsでの動作確認をすることが多いのですが、WindowsとRailsは、なかなか一筋縄ではいかないことがあります。

今日はそんな苦労話をいくつかお話ししたいと思います。

Rails3.0の頃・・・

突然ですが、皆さんはRailsのインストールといえば、どのような手順でされているでしょうか。多くの方が思い描かれるのは、ご存知のgemコマンドによる

gem install rails

だと思います。私も、RubyInstallerなどでRubyの処理系をインストールした後、gemコマンドでRailsをインストールしていましたが、Rails3.0がリリースされた当初、gemコマンドでインストールしても、どうしてもうまく動かない、あっちを対応すればこっちのgemが入らない、ビルドに失敗する、などほとんどお手上げの状態のことがありました。これを読まれているRailsファンの皆さんの中には、これを機にWindowsからLinux/Macに開発環境を変えました、という方もいらっしゃるかもしれないですね笑

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]