トリナ・ソーラー 米認証テスト機関PVELからトップモジュールメーカーに格付け

トリナ・ソーラー(Trina Solar Limited) 2017年08月14日

From 共同通信PRワイヤー

トリナ・ソーラー 米認証テスト機関PVELからトップモジュールメーカーに格付け

AsiaNet 69549

2017年8月7日

【北京2017年8月3日PR Newswire】トリナ・ソーラー(Trina Solar)は、米PV Evolution Labs(PVEL、ノルウェーの認証審査機関であるDNV GLの全額出資による子会社)が実施した製品認証試験に合格し、DNV GLが発行する『PVモジュール信頼性スコアカード』の2017年度版において、トップ・パフォーマーに格付けされました。

DNV GLのPVEL Product Qualification Program(PVEL製品認定プログラム; PQP))は、モジュールの信頼性試験と発電性能試験を組み合わせた総合的な試験です。典型的な破壊試験として、この認証試験はIEC(国際電気標準会議)の試験の2~4倍の負荷をかけた温度サイクル試験、高温高湿試験、UV照射試験、動的機械加重試験、結露凍結試験、PID減衰試験、ホットスポット試験などで構成されています。PVEL試験は、テスト条件とシーケンスの両方において、IECやULテストなどいくつかの基本テストよりはるかに厳格で、製品の信頼性を得るにあたって大きな挑戦となる試験という存在であり続けています。

DNV GL試験に対する業界の信頼性は極めて高いものです。トリナ・ソーラーは2014年以来、DNV GL試験に積極的な役割を果たしてきました。この各種試験の中で、トリナ・ソーラーの大多数のモジュールが、すべて3%以下という電力減衰率に基づく製品信頼性試験に合格しています。

トリナ・ソーラーは、高レベルの品質保証を確実にするため、厳しい品質管理を実施し、175項目以上の社内品質検査を実施しています。PVモジュールは最高25年という長い寿命を持つ投資指向型の製品であるため、信頼できる企業を選ぶことが重要です。トリナ・ソーラーは最も評価の高い信頼できる太陽光発電企業として、クライアントに最高品質の製品を提供するための尽力しています。トリナ・ソーラーは、PVELの厳しい全ての試験に優秀な成績で合格して以来、トップのモジュールメーカーとして格付けされています。

トリナ・ソーラーのツォウ・ウェイ副社長(品質管理担当)は「今回の試験結果は、当社の製品の高い信頼性と品質を証明するとともに、その市場競争力を高め、お客様の信頼の獲得を助けてくれます。さらに言えば、私たちはさまざまな適用シナリオに従って、顧客の需要に応えるために研究と新製品の開発を続けていきます。われわれは全ての人々に貢献する目的を持って、PV業界をリードしていきたいと思います」と語りました。

■Trina Solar Limited (トリナ・ソーラー) について
トリナ・ソーラーは、太陽光モジュール、ソリューション、サービスを統合的に提供する太陽光発電トータルソリューションビジネスのグローバルリーダーです。1997年に太陽光システムインテグレーターとして設立以来、世界中の施工店、販売店、ディベロッパーなどのパートナーの皆様と共に、スマートエネルギーの推進に努めています。より詳しい情報は、www.trinasolar.comでご確認ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]