金沢工業大学の学生と越日工業大学の学生がペア(バディ制度)でインターンシップを行う

金沢工業大学 2017年08月30日

From Digital PR Platform


金沢工業大学の学生6名(3年生2名、4年生4名)と越日工業大学(ベトナム・ホーチミン市)の2年生6名がペアを組み(バディ制度)、日本でインターンシップを行う。金沢工業大学では2016年度からイノベーション創出を可能とする「世代・分野・文化を超えた共創教育」を全学で展開している。今回のバディ制度によるインターンシップは「文化を超えた共創教育」の一環として行うもので、金沢工業大学として初めて。


 バディ制度は日本でも留学生の受け入れ制度として広まりつつあるが、インターンシップでバディ制度を取り入れた例は国内でもあまり例がない。
 なお、この取り組みは、日アセアン経済産業協力委員会(AMEICC)による拠出金事業に採択されている。

【成果発表会】
 9月8日(金)13時30分~14時30分
 金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館4階イノベーションホール

 このインターンシップでは事前学習、就業体験、事後学習の3つのプログラムで構成され、12名が一緒に受講する。
 事前学習は8月21日(月)から8月26日(土)まで、日本語教育や、日本の歴史と文化、業界・企業研究、安全教育、ビジネスマナー実習、基礎力(対人基礎力・対自己基礎力・対課題基礎力)セルフチェックと目標設定(*)などのプログラムが行われた。
 また就業体験は8月28日(月)から9月1日(金)まで、三谷産業株式会社(石川県金沢市)、金沢機工株式会社(石川県金沢市)、株式会社学侑社(石川県野々市市)、株式会社山本金属製作所(大阪府大阪市)の4社で行われ、現場での実習等を通じて問題発見・解決に取り組む。
 就業体験後の事後学習は9月4日(月)から9月9日(土)まで行われる。

 この就業体験をした学生たちによる成果発表会を、9月8日(金)13時30分から14時30分まで、金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館4階イノベーションホールで開催する。
 12名の学生たちが、バディ制度によるインターンシップの成果を発表する。

 越日工業大学は、ベトナムと日本を中心にイノベーションを担い得る人材の育成を目指して2015年9月にベトナム・ホーチミン市で開学した。
 日本型のものづくり教育を行うため、問題発見解決型「プロジェクトデザイン」や「技術者倫理」「インターンシップ」など、金沢工業大学のカリキュラムを採用していることが特長で、金沢工業大学としてもカリキュラムの初の海外輸出事例となっている。

*「インターンシップ」事前学習における基礎力セルフチェックと目標設定について
 金沢工業大学では「インターンシップ」の事前学習として、12ある「基礎力」(対人基礎力・対自己基礎力・対課題基礎力)の項目ごとに、自分がどの程度の力を持っているのか自己評価を行う。それをもとにインターンシップを通して伸ばしたい力を12項目中3項目選び、目標設定シートに記入する。目標設定シートは、インターンシップ終了時、企業の担当者に評価を記入してもらい、自分の成長度合いを客観的に把握する。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7-1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]