中国国際航空が北京-ジャカルタ直行便を開設、かつての海のシルクロード探訪へ

Air China 2017年09月05日

From 共同通信PRワイヤー

中国国際航空が北京-ジャカルタ直行便を開設、かつての海のシルクロード探訪へ

AsiaNet 69902 (1331)

【北京2017年9月4日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は2017年9月26日、北京-ジャカルタ線の直行便を開設する。現在の飛行ルートはアモイ経由で、飛行時間は9時間半。エアバスA330-300機が就航する新しい直行便は、旅行時間を7時間ちょうどに短縮する。乗客は今までより短時間で快適にジャカルタの風物に触れられる。

Logo - (リンク »)

ジャカルタはインドネシアの首都で最大都市。ジャワ島の北西海岸に位置する名だたる港湾都市で、東南アジアで最大の人口を擁する。インドネシアは15世紀以来、太平洋とインド洋を結ぶ基幹十字路として、東洋と西洋の交易と文化交流の重要拠点とされてきた。かつての海のシルクロード時代には船舶がひっきりなしに入港、中国のシルクや磁器、インドネシアの香料などを満載し、それぞれの最終目的地へ出港していった。

インドネシアの公式統計によると、2016年にインドネシアを訪れた中国人旅行客は140万人を超えた。前年比14%近い増加で、インドネシアのインバウンドツーリズムで中国は最大の送り出し国になった。この秋から中国国際航空の乗客はジャカルタへノンストップの旅ができる。北京の日々の騒がしさを逃れてリラックスしてくつろぎ、インドネシアの比類ない歴史や文化を味わい、東南アジアの活力を身近に感じることができる。訪問客はココナッツの香る海の空気を吸い、息をのむような光景に浸って心を癒される。

中国国際航空は近年、北京とムンバイ、コロンボ、イスラマバード、カラチ、その他のシルクロード都市を結ぶ路線を開設してきた。昨年は杭州-スラタニ、重慶-ニャチャンに新規就航した。北京-ジャカルタ線直行便の開設は、北京をグローバルに広がる空港ハブに刷新し、アジア太平洋のネットワークを向上させるという中国国際航空の戦略の最新展開である。中国国際航空は今後とも、インドネシアを探訪する旅行客のために便利で良質、手ごろな旅行商品を開発する。

▽フライト情報
便名はCA977/978。往路は月、水、金、日に北京発16時30分、ジャカルタ着22時30分。復路は月、火、木、土にジャカルタ発00時30分、北京着08時30分(時刻はいずれも現地時間)。エアバスA330-300機で運航。ビジネスクラスに180度のフラットベッドになる座席を採用、エコノミークラスの座席は足元空間が20%増。エコノミークラスには疲れにくい座席を採用。全クラスにパーソナル・エンターテインメント・システムを装備。

ソース:Air China

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]