横浜商科大学が10月19日に平成29年度文科省委託事業の公開シンポジウム「地域を世界に売る! インバウンド観光の価値創造と発信」を開催

横浜商科大学 2017年09月18日

From Digital PR Platform


横浜商科大学(横浜市鶴見区)は10月19日(木)に公開シンポジウム「地域を世界に売る! インバウンド観光の価値創造と発信」を開催。同大が文部科学省委託事業として取り組む「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」の紹介や各界のキーマンによるパネルディカッションを実施する。入場無料。要事前申し込み。


 横浜商科大学は、文部科学省より平成29年度「成長分野等における中核的専門人材育成等の戦略的推進」事業(観光分野)の委託を受け、「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」に取り組んできた。
 同事業では、地域におけるインバウンド観光分野のフロンティアビジネス(新機軸の観光ビジネス)に関する知識と技能を有し、新たな観光価値を創造し、地域の発展に寄与する人材を育成すること、学修者の当該地における観光業への就労・起業、地域間ネットワーク構築を目指し、eラーニングや地域での講座プログラムの開発と実施、調査事業等を行っている。

 このたびその一環として、公開シンポジウム「地域を世界に売る! インバウンド観光の価値創造と発信」を開催する。同事業で開発したeラーニングの講座プログラムなどの紹介と、各界のキーマンを招いたパネルディカッションを実施。地域インバウンドの観光価値を高め、需要の平準化を実現するビジネスの創造と世界への発信に向けた取り組みについての議論を行う。なお、参加者には、地域インバウンドの基本がわかる冊子「観光ビジネス実践ワークブック 地域インバウンド編」(非売品)を進呈する。概要は以下の通り。

◆平成29年度文科省委託事業 公開シンポジウム「地域を世界に売る! インバウンド観光の価値創造と発信」
【開催日】 2017年10月19日(木) 14時45分~17時00分(入場14時15分~)
【開催場所】 横浜ロイヤルパークホテル・宴会棟「芙蓉」
 アクセスマップ  (リンク »)
【定 員】 150名
【申し込み】 参加をご希望の方は、web申し込みフォーム:  (リンク »)
よりお申し込みいただくか、下記URLからチラシをダウンロードし、必要事項を記載の上、045-584-4870までFAXをお送りください。
  (リンク »)
【パネリスト(50音順)】
 永澤大樹氏(函館商工会議所 中小企業相談所長(元・北海道新幹線新函館開業対策推進機構 事務局長))
 中山哲郎氏(一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構 事務局長)
 西本恵子氏(日本コンベンションサービス(株) MICE都市研究所 主任研究員)
 ロス・フィンドレー氏((株)NAC ニセコアドベンチャーセンター代表取締役)
【コーディネーター】
 宍戸学(横浜商科大学商学部観光マネジメント学科教授)

▼本件に関する問い合わせ先
 横浜商科大学
 〒230-8577 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
 E-mail: 2017-csj-g@shodai.ac.jp
 TEL: 045-583-9057
 FAX: 045-584-4870

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。