MilbankがAyala Corporationの「Fixed-for-Life」債発行で助言

Milbank 2017年09月19日

From 共同通信PRワイヤー

MilbankがAyala Corporationの「Fixed-for-Life」債発行で助言

AsiaNet 70140 (1426)

【香港2017年9月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*フィリピンで最も古い大財閥の1つに関する画期的な取引は同地域の債券市場におけるMilbankの主導的地位を顕示

国際的な法律事務所であるMilbank, Tweed, Hadley & McCloy LLP( (リンク ») )はAyala Corporation(AC)に対し画期的な資本市場取引に関して助言した。

Milbankは、AYC Finance Limited(ACの完全子会社)による4億米ドルの保証付き無期限債券の発行に関連してドイツ銀行、HSBCおよびJPモルガンに対し、共同主任マネージャーとして助言した。債券にはACの無条件かつ取消不能の保証が付いている。債券の表面金利は、ステップアップ条項がなく5.125%で不変だった。募集に対しアジア、欧州市場および、フィリピン国内市場からの引き合いは5倍超となった。BPI Capital CorporationおよびChinabank Capital Corporationはこの取引の国内主幹事を務めた。

この取引は、東南アジアにおけるステップアップ条項のない繰り延べ不可の「Fixed-for-Life」債の最初の発行であり、いくつかの点で重要である。この発行は、フィリピンからのステップアップ条項ないしリセット条項のない最初の「Fixed-for-Life」債発行でもある。

ACは、不動産、金融サービス、電気通信、水道、工業技術、発電、インフラ、医療、教育の分野で事業を営むフィリピンで最も古く最大の財閥の1つである。

資本市場パートナーのジェームズ・グランドルフォ氏( (リンク ») )は「この画期的かつ革新的な取引は、同地域におけるMilbankの債券市場に関する専門知識の強さを示している。この取引が受け入れられたことは、フィリピンの経済情勢に対する大きな自信とともに、国際投資家の間でのAyalaのブランド力の強さの証でもある。われわれは、国際的な資本市場へのAyalaの際立った復帰について助言を行ったことを非常に喜んでいる」と語った。

今回の取引を行ったMilbankのチームは香港からパートナーのジェームズ・グランドルフォ氏( (リンク ») )およびカウンセルのポール・ペリー氏( (リンク ») )が率い、アソシエートのアダム・ハイド氏( (リンク ») )とヨーク・ウー氏( (リンク ») )が支援した。

▽Milbankについて
Milbank, Tweed, Hadley & McCloy LLPは世界中の顧客に革新的な法務サービスを提供する国際的な大手法律事務所。150年前にニューヨークで創業したMilbankは北京、フランクフルト、香港、ロンドン、ロサンゼルス、ミュンヘン、サンパウロ、ソウル、シンガポール、東京、米首都ワシントンに事務所を持つ。Milbankの弁護士は各業務、各事務所と連携し、世界の主要な商業、金融、産業の各法人、機関、個人、政府のそれぞれの戦略目標の達成に役立っている。詳細はwww.milbank.com を参照。

▽問い合わせ先
James Grandolfo
Partner
T: +852-2971-4848
E: jgrandolfo@milbank.com

Paul Pery
Counsel
T: +852-2971-4808
E: ppery@milbank.com

ソース:Milbank

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]