【金融業】お客様事例 HITACHI HA8000サーバ メーカーEOSLにオンサイト保守のご提案 第三者保守の利用で安定した運用が可能に

メーカー保守終了後の機器(HITACHI HA8000/RS220AK×11台)についてオンサイト保守 平日9-17時/24時間×365日のご提案

データライブ株式会社 2017年09月25日

お客様業種:金融・保険業 事業規模:売上2兆円以上 対象機器:HITACHI HA8000/RS220AK×11台 保守形態:オンサイト保守(平日9-17時/24時間×365日)

【データライブへ問い合わせを行ったきっかけ】
当初は2015年2月にお客様よりご連絡を頂き、訪問させて頂きました。

そこでご相談頂いた内容は、同年の12月にメーカーの保守が終了する可能性があるのでその後の延長保守についてでした。

【お客様の懸念事項】
お客様は以下の2点を懸念されていました。

1.メーカー延長保守終了後に、データライブの第三者保守サービスへスムーズに切り替えが可能なのか。
2.メーカーと同等の保守サービスは引き続き受けられるか。

【データライブの対応】
お客様が懸念された事項について、データライブでは以下の通り対応させて頂きました。

1.保守契約は当初2016年1月からを予定していましたが、6ヵ月間の延長保守をメーカーが応じたことで、契約を2016年7月からに調整させて頂きました。

2.データライブの保守サービスは、障害の切り分けを行いメーカーと同等に対応することをお客様にご説明し、ご納得頂きました。

メーカーと同じレベルのサービスをメーカー保守終了後も引き続き受けられることに関して、お客様からは高い評価を頂きました。

このように、データライブでは柔軟な対応でメーカーと同等の保守サービスをご提供いたします。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

データライブ株式会社の関連情報

データライブ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]