愛知工業大学が八草キャンパスに「応用化学科 バイオ環境化学実験棟」を建設 -- 10月2日にテープカット式典・建物内覧を開催

愛知工業大学 2017年09月26日

From Digital PR Platform


愛知工業大学は八草キャンパスに「応用化学科 バイオ環境化学実験棟」を建設した。この実験棟は地上4階建てで、DNA組換え室やコールドルーム、細胞培養室などを完備しており、がん細胞に直接届く治療薬開発など、最先端のバイオ化学、環境化学の教育・研究を推進していく。


 「応用化学科 バイオ環境化学実験棟」の完成にともない、テープカット式典および建物内覧を以下のとおり実施する。

◆応用化学科 バイオ環境化学実験棟 テープカット式典実施概要
【日 時】 平成29年10月2日(月) 午前10時~10時30分
【会 場】
 愛知工業大学 八草キャンパス 応用化学科バイオ環境化学実験棟
 (愛知県豊田市八草町八千草1247)
【出席者】 法人本部関係者、大学関係者、施工関係者 ほか、約50名を予定
【式次第】
1.テープカット
2.学校法人名古屋電気学園 後藤泰之理事長 挨拶
3.建物内覧

○バイオ環境化学実験棟の完成により今後期待される研究例
・応用化学科・北出幸夫教授「ゲノム創薬化学研究室」
 がんの増殖を抑制する「マイクロRNA(リボ核酸)」による治療薬の開発を目指す。抗体医薬品よりも製造コストが抑えられ、さらに配列を変えればほかのさまざまな病気に応用が可能となるRNA創薬の研究は注目を集めている。

▼報道に関する問い合わせ先
 総務部広報課
 TEL: 0565-48-8177

▼施設に関する問い合わせ先
 応用化学科・手嶋、北出
 TEL: 0565-48-8121

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]