ALBERT、日本マイクロソフト株式会社と共同でMicrosoft Azureと人工知能・機械学習技術を融合した、ビッグデータ活用ソリューションを積極展開

株式会社ALBERT 2017年09月27日

From ValuePress!

 株式会社ALBERTは、人工知能(AI)・機械学習の領域で、日本マイクロソフト株式会社との連携を強化し、2017年9月27日より「Microsoft Azure活用ソリューション」の提供を開始いたしました。

 株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上村崇、以下ALBERT)は、人工知能(AI)・機械学習の領域で、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、以下日本マイクロソフト)との連携を強化し、2017年9月27日より「Microsoft Azure活用ソリューション」の提供を開始いたしました。

 Microsoft Azureは、高いセキュリティ性能と堅牢性に加え、様々なツールと連携できる柔軟性を保持したクラウド コンピューティング プラットフォームです。「Microsoft Azure活用ソリューション」は、ALBERTが分析力をコアとしたデータソリューション事業を通して培ってきた人工知能(AI)や機械学習の技術とMicrosoft Azureを組み合わせ、あらゆる場面での人工知能(AI)・機械学習技術のビジネス活用を支援するビッグデータ活用ソリューションです。今回は、以下3つの「Microsoft Azure活用ソリューション」の提供を開始、今後も新たな「Microsoft Azure活用ソリューション」を順次展開する予定です。


■ALBERTが提供する3つの「Microsoft Azure活用ソリューション」

1. 親和性スコア on Microsoft Azure
 親和性スコアは、商品やブランド等と個々の顧客の親和度を測るためにALBERTが独自に開発した指標です。BIやマーケティングオートメーション等と連携することで、購入確度の高い見込み客へのメールやカタログ送付、効率的なクーポン配布、解約リスクのある顧客へのアプローチ等、適切なターゲティングが可能となります。

2. ディープラーニング導入支援 on Microsoft Azure
 ディープラーニングを様々な分野で活用するニーズが急増する中、モデルのチューニングやシステム化における技術不足や人員不足が深刻な課題になっています。ALBERTはディープラーニングの具体的な活用領域やその方法、活用によって得られるビジネスインパクト等を体系的にコンサルティングしながら、各クライアントのビジネス課題に合わせたディープラーニングの導入をトータルに支援します。システム化や製品化においてはオープンソースのディープラーニングフレームワークであるChainerとMicrosoft Azureで実装を行ないます。

3. smarticA!DMP on Microsoft Azure
 「smarticA!DMP」は売上・コンタクト履歴・ユーザー属性・アクセスログ等、企業が持つ様々なデータをリアルタイムに蓄積、統合した上で、自動的に分析し、オムニチャネルにおけるマーケティング施策を自動実行するデータマネジメントプラットフォームです。

・「Microsoft Azure活用ソリューション」
 URL:  (リンク »)


 これら3つのソリューション提供に加えてALBERTでは、Microsoft Azureを活用した研究開発も積極的に実施しており、公式ブログでの情報発信やDeep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)での活動を行なっています。

・ALBERT公式ブログ
  (リンク »)
 - Azure Batch AI Trainingを利用したツイートデータ分類モデルの分散学習
 - AzureのデータサイエンスVMを用いたニューラルネットワーク機械翻訳

・Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)
 Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ、 (リンク ») )とは、ディープラーニングを中心とした先端技術の持つ可能性を、実際のビジネスへ応用するべく、技術とビジネスの両面に精通したプロフェッショナルたちが集まるコミュニティです。深層学習でビジネス課題を解決したいお客様とそのコンサルティングや展開を行う企業とのマッチングの場としても期待されています。


 ALBERTは今後も、日本マイクロソフトとともに人工知能(AI)・機械学習技術のビジネス活用を推進してまいります。


■ 日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋 美波
 人工知能(AI)や機械学習は様々な領域で大きな可能性を持つ技術である一方で、実際のビジネスでの活用においては専門知識をもったアナリストやエンジニアが圧倒的に不足している他、導入を促進するツールやサービスも整備されていないのが現状です。この度のALBERT様との連携により提供されるサービスで、Microsoft Azureの価値を向上するとともに、多くのお客様における人工知能(AI)・機械学習のビジネス活用を促進するものと確信しています。

□ 日本マイクロソフト株式会社について
 日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。


■株式会社ALBERT
2005年7月設立。事業コンセプトは『分析力をコアとするデータソリューションカンパニー』。
高度なデータソリューションを提供するためのコアコンピタンスである『分析力』は、アナリティクス領域における、「マーケティングリサーチ」「多変量解析」「データマイニング」「テキスト&画像解析」、エンジニアリング領域における、「大規模データ処理」「ソリューション開発」「プラットフォーム構築」「最適化モデリング」の8つのテクノロジーで支えられています。8つのテクノロジーには豊富な実績に裏付けられた、ALBERT独自のアルゴリズムや手法が用いられており、優位性を確保しています。

【会社概要】
社 名  : 株式会社ALBERT
所在地  : 東京都新宿区西新宿1-26-2
      TEL: 03-5909-7525/FAX: 03-5909-7569
設立日  : 2005年7月1日
代表者  : 代表取締役社長 上村崇
証券コード: 3906(東京証券取引所マザーズ)
事業内容 : システムソリューション
       ・smarticA!DMP
        -データマイニングエンジン(レコメンドエンジン)
        -キャンペーンマネジメント
        -行動ターゲティング広告システム
        -統合データウェアハウス(DWH)
        -統計解析ソフトウェア
        -BIツール
       ・Proactive AI
       ・Deepsearch Logo
       ・分析プラットフォーム構築サービス

      アナリティクス・コンサルティング
       ・分析コンサルティング
        -IoTデータ分析 / 顧客分析 / 商品分析 / 商圏分析 / 広告分析
        -IoTデータ活用のコンサルティング・導入支援サービス
        -人工知能・ディープラーニングのコンサルティング・導入支援サービス
       ・データサイエンティスト養成講座

U R L   : (リンク »)


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ALBERT(アルベルト) パートナーサポート部
TEL: 03-5909-7525/FAX: 03-5909-7569
Email: ps@albert2005.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ALBERTの関連情報

株式会社ALBERT

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]