神経再生促進物質LOTUSが脊髄損傷や視神経障害に効果~再生医療技術への臨床応用に期待~英科学誌『Scientific Reports』に掲載(英国9月21日10:00:日本時間9月21日午後6時付)~横浜市立大学

横浜市立大学 2017年10月02日

From Digital PR Platform


横浜市立大学大学院生命医科学研究科 竹居光太郎教授と米国エール大学医学部神経学Strittmatter教授を主体とする研究グループは、中枢神経系の再生を阻む主要因に挙げられるNogo受容体-1(以後、NgR1)の機能を制御する神経回路形成因子LOTUSが、脊髄損傷や視神経障害の動物モデルにおいて神経再生を顕著に促進することを発見した。


○研究成果のポイント
 神経回路形成因子LOTUS を過剰発現させると、脊髄損傷や視神経障害による障害後の神経再生が促進されることが明らかになった。

○今後の展開
 本研究によって、LOTUSは神経再生促進物質として脊髄損傷や視神経損傷において有効であることが判明した。この知見は今後、LOTUSの生理機能を利用した神経再生医療技術の開発に直接的に繋がる。近い将来、外から精製LOTUSタンパク質を投与する薬物治療や、LOTUSを遺伝子導入する遺伝子治療などの神経再生医療技術が確立し、臨床応用へと展開することが強く期待される。

※研究の詳細は添付のPDFをご覧ください

▼(本資料の内容に関するお問い合わせ)
 大学院生命医科学研究科 生体機能医科学 教授 竹居 光太郎
 TEL: 045-508-7240, 7628/045-787-2781, 2769
 E-mail: kohtaro@yokohama-cu.ac.jp

(取材対応窓口、資料請求など)
 研究企画・産学連携推進課長 渡邊 誠
 TEL: 045-787-2510
 E-mail: sentan@yokohama-cu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]