アナログ音声インターフェース搭載LTE通信モジュールMM-M61Dを発売-IoT/M2Mから音声通話用途まで幅広い用途に対応-

セイコーソリューションズ株式会社 2017年10月03日

From DreamNews

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長: 関根 淳、本社: 千葉市美浜区中瀬1-8、TEL: 043-273-3111)は、アナログ音声インターフェースを搭載した、NTTドコモ回線対応のLTE通信モジュール「MM-M61D」を開発し、2017年10月末より販売を開始いたします。
近年、通信インフラのLTE化が進んでおり、設備監視などのIoT/M2M用途だけでなく、ATMやエレベーターなどの業務用直通電話をはじめとする音声通話用途に関しても、LTEへの置き換え需要が高まっています。
「MM-M61D」は、こういったニーズに応えるべく開発された、アナログ音声インターフェース搭載のLTE通信モジュールです。

「MM-M61D」は、音声Codec搭載によりアナログ音声インターフェースに対応。VoLTEでの音声通話により、高音質かつ音声通話を使用するさまざまな用途でのご利用に最適です。
さらに、ユーザーアプリケーション実行領域をはじめとする多彩な機能、国内開発・国内生産による高い信頼性など、IoT/M2M利用に適した環境を取り揃えており、データ通信から音声サービスまで幅広い用途にご利用いただけます。
セイコーソリューションズは今後もインフラの進化に追従し、IoT市場の多様なニーズにお応えする製品を提供してまいります。

<LTE通信モジュール「MM-M61D」 概要>
【主な特長】
・データ通信から音声通話用途まで幅広い用途、さまざまな機器への組み込みに利用可能
・音声Codec搭載によるアナログ音声インターフェース対応
・音声通話サービスVoLTEに対応
・モジュール内で、お客さまが開発したアプリケーションの保存、実行が可能
・国内開発、国内生産による高い信頼性と、安心の国内サポートを提供

【用途例】
ATM、ガソリンスタンド、駐車場、エレベーターなどの業務用直通電話、情報端末、決済端末、設備管理、スマートメーターなど

【販売開始時期】2017年10月末

お客様からのお問い合わせ先:
セイコーソリューションズ(株) 
モバイルソリューション本部 モバイルソリューション営業統括部
担当:大坪、福田    tel:043-211-1297  e-mail:mm5-sales@seiko-sol.co.jp




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

セイコーソリューションズ株式会社

セイコーソリューションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。