日本サード・パーティ、Third AIコンタクトセンターソリューションをソフトバンクと共同販売開始 ~LINE カスタマーコネクトとIBM Watson(TM)を組み合わせたAIサービス~

日本サード・パーティ株式会社 2017年10月04日

From DreamNews

日本サード・パーティ株式会社(以下:JTP)は、LINE株式会社(以下:LINE)が提供する法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」の問い合わせ自動回答AIエンジンとして「IBM Watson 日本語版」を活用した、「Third AIコンタクトセンターソリューション」を2017年10月4日よりソフトバンク株式会社(以下:ソフトバンク)と共同で販売しますので、お知らせします。

JTPは、Watsonの機能を利用したサービスの開発をソフトバンクと共同で進めてきました。その中で、LINEが提供する「LINE カスタマーコネクト」の顧客からのお問い合わせに自動回答するAI自動応答機能とWatsonを連携した「Third AIコンタクトセンターソリューション」を開発しました。Watsonはコンタクトセンター向けに既に豊富な採用実績があり、各企業が持つ過去のお問い合わせ情報を読み込ませ学習させることによって、お問い合わせに対する最適な回答を提案することができます。さらに、WatsonのAPIであるConversationを活用することで、自動応答も一問一答の単純なものだけでなく、聞き返しなど複雑な会話を実現します。また、複雑な問合せなど、人による対応が必要な場合には、シームレスに有人対応に切り変えることも可能です。これにより、自動応答による待ち時間の短縮や人件費の削減だけでなく、有人対応による顧客満足度の向上も実現します。

■製品のご利用イメージ


■製品の価格イメージ
導入費用
・初期費用
初期導入費用 100万円
・本番運用費用
システム利用料※ 20万円/月~
※ 別途LINE カスタマーコネクト利用料25万円/月が必要です


■LINE カスタマーコネクトについて
LINE カスタマーコネクトは、コンタクトセンターがCRMシステムを通じてLINEで顧客とつながるソリューションです。FAQの情報をもとにして、AIによる問い合わせ自動回答機能Auto Replyや、FAQの情報だけでは回答できない場合に途中で有人対応に切り替え、CRMシステムによるケース管理をしながらオペレーターがマニュアル回答するManual Reply等の機能を実装します。

■Watsonについて
Watsonは、米IBMが開発した、認識、学習、そして経験といったコグニティブ(認知)の能力を、自然言語処理と機械学習を使用して世界で初めてコンピュータ上で実現し、商用化したサービスです。Watsonを使うことによって、今までITの分野で活用できていなかった画像や言語、音声などの非構造化データを活用し、人の意思決定を支援することが可能となります。

■本リリースに関するお問い合わせ先
日本サード・パーティ株式会社 マーケティング室
TEL:03-6408-1688 FAX:03-6859-4797
E-mail:pr@jtp.co.jp

※IBM Watson は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporation の商標です。
※その他本リリース中に記載の製品名等は、各社の商標又は登録商標である場合があります


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]