VNLがResQMobilを公開

Vihaan Networks Ltd (VNL) 2017年10月10日

From 共同通信PRワイヤー

VNLがResQMobilを公開

AsiaNet 70468 (1580)

【ニューデリー2017年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】「VNLの携帯式緊急モバイル通信・捜索・救出システムであるResQMobilがIndia Mobile Congress 2017で世界公開された」

多くの災害では公衆通信ネットワークが最初に被害を受けるため、ファーストレスポンダー(初期対応者)や治安機関は、影響を最小限に抑えるために災害現場に専用の通信システムを設置する必要がある。VNLのResQMobilは、VSATコネクティビティーを内蔵し、音声・ビデオ・データのコネクティビティーを1時間以内に提供することにより、災害現場での緊急対応を支援する統合ソリューションである。

ResQMobilは直ちに通信ネットワークを提供するだけでなく、モバイルシグナルを介した被災者の位置特定や、さまざまな無線ネットワークと接続して、当局へのアクショナブル・インフォメーション提供をサポートすることができる。ResQMobilはあらゆる種類の災害時に機能するように設計されており、直ちに現地に空中投下することができる。

ResQMobilは以下の機器から構成される:
*独立した通信ネットワークを確立するためのBTS、BSC、MSC、SMSCなどを統合したGSM Network-in-a-box
*携帯電話の位置を突き止めることにより、閉じ込められたり、生き埋めになったり、行方不明となっているかもしれない被災者の位置特定をサポートするEmergency Victim Locator(緊急被災者位置特定装置)
*HF、VHF、UHFからモバイル、ないしPSTNネットワークなどのさまざまなプラットフォーム上の通信を一時的に接続するためのUniversal Gateway
*オペレータとの取り決めにより利用可能な、バックホールを備えた外界への接続用のTemporary Cellular Network。これに関連して、VNLはインドの国営通信大手BSNLと提携し、インド、南アジア地域協力連合(SAARC)諸国および他の国で災害救援サービスを提供している。

ResQMobilはインドのNational Disaster Management Authority(NDMA)および、National Disaster Relief Force(NDRF)など世界の災害管理機関に的を絞っている。

VNLのラジブ・メーロトラ創設者兼会長はResQMobilのローンチにあたり、「最近、世界で発生した一連の自然災害を考えると、われわれはResQMobilソリューションで、ファーストレスポンダーや治安機関がコネクティビティーを回復し災害の影響を最小に抑えるのをサポートすることにコミットしている。われわれはパートナーであるBSNLと提携することを誇りに思っている」と語った。

より詳細な情報は (リンク ») を参照、ないしは+91-1242657600に電話を。

▽VNLについて
インドに拠点を置くVNLは、災害時や緊急事態発生時に迅速に配備可能なネットワークを開発するだけでなく、地方や遠隔地向けの持続可能なモバイルおよびブロードバンド・ソリューションを設計、製造、運営している。また、国土安全保障、通信、遠隔産業センター向けの安全な通信プラットフォームを構築する。VNLの先駆的業績は幅広く評価され、数々の賞を受賞した。

Video URL: (リンク »)

ResQMobil Photograph: (リンク »)

▽メディア問い合わせ先
Shashwat Nagpal
Head - Marketing & Communication
Mobile: +91-9871579846
shashwat.nagpal@vnl.in

ソース:Vihaan Networks Ltd (VNL)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]