「9工場の一番搾り」と飲み比べセットを発売

キリン株式会社 2017年10月12日

From Digital PR Platform


  

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、全国の9工場※1ごとに味の違いや個性を楽しめる「9工場の一番搾り」第6弾を、11月28日(火)から地域限定で発売します。あわせて「9工場の一番搾り」と「キリン一番搾り生ビール」を楽しく飲み比べることのできる、「9工場の一番搾り飲み比べセット」を12月19日(火)より数量限定で全国発売します。

※1 キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場

 

「9工場の一番搾り」は、全国9工場それぞれの醸造長※2が、地元のお客様とともに、地元の気質や風土・食文化に一番似合う味わいを目指して造り上げた特別な「一番搾り」です。今回は、地元に似合う「一番搾り」をさらに目指し、“冬の地元の食・風土・生活になじむ”一番搾りとして中味も一部地域でブラッシュアップしました。

また12月には、個性あふれる「9工場の一番搾り」や、7月下旬製造品よりフルリニューアルした「キリン一番搾り生ビール」を全国の皆様にお楽しみいただける「9工場の一番搾り飲み比べセット」も発売します。人が集まる年末年始に、地元に集まった仲間や親族が集う場を楽しく盛り上げます。

※2商品開発から醸造までを担当している商品開発責任者。

 

今後も、キリンのモノづくりを象徴するブランドとして、お客様のビールに対する関心を高めていく活動を展開するとともに、「一番搾り製法」の価値をより実感いただくことで、「一番搾り」ブランド全体の強化と、ビール市場の総需要拡大を目指します。

                                                                                記

「9工場の一番搾り」         

商品名         「一番搾り○○づくり ○○工場限定醸造」

※9工場所在県の商品名(北海道、仙台、取手、横浜、名古屋、滋賀、神戸、岡山、福岡)
発売日         11月28日(火)
発売地域       9工場所在県
容量/容器     350ml缶、500ml缶、中びん、(大びん※一部地域のみ)
販売予定数     約20万ケース(大びん換算)
価格           オープン価格

 

「9工場の一番搾り飲み比べセット」



商品名         「9工場の一番搾り飲み比べセット」
発売日         12月19日(火)
セット内容     「キリン一番搾り生ビール」350ml缶3本

「一番搾り 北海道づくり」、「一番搾り 仙台づくり」、

「一番搾り 取手づくり」、「一番搾り 横浜づくり」、

「一番搾り 名古屋づくり」、「一番搾り 滋賀づくり」

「一番搾り 神戸づくり」、「一番搾り 岡山づくり」、

「一番搾り 福岡づくり」

350ml缶各1本
販売地域       全国
価格           オープン価格



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]