電通デジタル、データロボットとパートナー契約締結

株式会社電通デジタル 2017年10月17日

From 共同通信PRワイヤー

2017年10月17日

株式会社電通デジタル
DataRobot, Inc.

電通デジタル、データロボットとパートナー契約締結
―「People Driven DMP」×「AI」のマーケティングソリューションを提供開始―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:榑谷 典洋)は、DataRobot, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Jeremy Achin以下、データロボット)とパートナー契約を締結し、AI・機械学習自動化、高速化プラットフォーム「DataRobot」を活用したマーケティングソリューションの提供を開始します。

近年、多くの企業では膨大なマーケティング関連データをビジネス上で利活用するニーズを抱えています。「DataRobot」は、世界の優れたデータサイエンティストのノウハウにより高い精度の予測モデルを短時間で自動生成し、事業への導入を高速化することができる機械学習プラットフォームとして注目されています。

本ソリューションでは、企業が保有するファーストパーティデータと電通グループが保有する各種オーディエンスデータとテレビの実視聴ログデータ、購買データ等を統合したプラットフォームである、独自パブリックDMP(Data Management Platform)「People Driven DMP」を連携し、「DataRobot」によりエンドユーザーの購買確度や購買要因などを高精度に予測します。さらには、予測結果をマーケティングオートメーションやCRM、SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)、広告プラットフォーム等のマーケティングツールへ連携することで、高度なマーケティング施策をスピーディーに実行し、「本当に必要な人に、必要な場所で、必要なタイミングで、求められるコンテンツを提供」していきます。

電通デジタルは、電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した"人"基点の統合フレームワーク「People Driven Marketing™」(ピープル・ドリブン・マーケティング)を活用した高度で精緻なプランニングと施策開発力を活かし、今後もデータロボットとの連携を強化して、AI利活用に関するプランニング、統合データベース基盤の整備、各種マーケティングツールとの連携、さらには業務改善支援・定着化までを含めたトータルでのAIコンサルティングサービスを提供していきます。


<ソリューション概念図>
【画像: (リンク ») 】

<データロボットの会社概要>
会社名:DataRobot, Inc.
本社所在地:One International Place, 5th floor, Boston, MA 02110
代表者:Jeremy Achin
設   立:2012年6月
事業内容:機械学習の自動化ソリューションの販売
URL: (リンク »)
(リンク ») ( 日本語サイト)


<DataRobot,Inc.とは>
2012年に米国マサチューセッツ州ボストンにて設立。現在はアメリカのほか、日本、イギリス、ウクライナ、シンガポール、オーストリア、ベラルーシ、インド、アメリカ、インドなど世界に営業拠点を置いてビジネスを行なっており、スポーツ、金融、ヘルスケア、小売ほか、幅広い業界で採用されています。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。