DigitalRoute、Real Move Thailandのバンドル付きサービスオファーを実現

DigitalRoute 2017年10月17日

From JCN Newswire


STOCKHOLM, SWEDEN, Oct 17, 2017 - ( JCN Newswire ) - データ統合および管理ソリューションのグローバル大手プロバイダ、DigitalRouteは、タイの大手マルチプレイ通信会社、True Corporationのモバイル関連子会社のReal Moveが、固定、モバイル、インターネット、デジタルおよび衛星ネットワーク全体で拡張バンドル付きサービスオファーの新規提供開始を可能にするため、MediationZone製品を展開したことを発表しました。この新規展開は、最近続いた新規顧客からの契約獲得のひとつで、アジア太平洋地域におけるDigitalRouteの急成長を明確に示しています。

DigitalRouteはこの最新展開で、Billing Mediationによる集約的オフラインおよびリアルタイム処理を提供し、Real Moveのマルチプレイオファリングの価値を最大化する戦略的アプローチを可能にします。

Real Moveはタイ国内市場で唯一マルチプレイサービスを提供しており、各種ネットワークを通じて提供される異種サービスをさらに大規模にパッケージ化し、開発期間の短縮のサポートを可能にすることによって、競合他社との差別化能力を拡大するソリューションを必要としていました。DigitalRoute技術が採用された理由は、柔軟性、パフォーマンス、総所有コストの節減、開発期間の短縮です。

実施の最初のフェーズは合同チームによって、新しい4Gネットワークをサポートしつつ、わずか4カ月間の記録的スピードで完了しました。プロジェクト全体は今秋に完了します。

Real Moveや他の通信会社は、使用フローの同期化や、複数のソースから入って来るデータの収益化を必要としていますが、DigitalRouteのソリューションはそのニーズに対応し、単一の集中データ統合および管理コンポーネントを提供します。ソリューションは、集約されたレコードが課金など下流のアプリケーションに送られる前に、データを前処理するハブとして機能します。

MediationZone Convergent Mediationは、全世界で350社以上の通信会社や大企業に使用されており、弊社のパートナーを通じた展開など、集約的市場オファリングを解決してきた実績のあるアプローチを提供します。

RealMoveはマルチプレイパッケージを拡張することが可能ですので、次のような重要な優位性があります。「私たちはサービスバンドリングがお客様の本質的ニーズに対応し、集約的ビッグデータを可能にするメディエーションが、その対応の中心になると考えています。そのため、DigitalRoute技術は、私たちが今後成功していくためのカギとなる戦略的アセットです。」と、Real Move IT部長のKhun Pichit Thanyodom氏は述べました。

DigitalRoute CEOのAndreas Zartmannは次のように述べました。「弊社はコンバージェントメディエーション分野のグローバル市場リーダーとして定評があり、16年以上の実績があります。通信会社が、この分野において継続的に弊社のサポートを求め、ネットワークの複雑化や多様化の進む中で、OSS Mediation and Policy Controlなどの課題に弊社のソリューションを活用してくださることをうれしく思います。」

Zartmannはさらに、続けました。「また、Real Moveが弊社のお客様ファミリーに加わったことをうれしく思います。このことは、ここ12カ月の間に、アジアの市場リーダーやイノベーターの間で、弊社技術が複数のユースケースに対応して使用される事例が急速に増え続けていることを示しています。」

DigitalRoute(R)について

DigitalRouteは、1999年からデータ統合および管理の新手法を提供しています。その技術は高いスループットを提供し、ユーザー構成をさらに容易にし、課金および非課金イベントについて、ネットワークから抽出した使用状況や統計などのデータを処理します。それによってお客様は、コスト効率を向上し、サービスオファリングの提供開始までの期間を短縮し、あらゆるデータの収益性を向上し、エンドカスタマー満足度を改善する手法を利用できるようになります。DigitalRouteによって、必要な時に、適切なフォーマットと適切なボリュームで、適切なシステムがネットワークイベントを何の妥協もすることなく利用することができるようになります。そのため、ビリングメディエーション(課金仲介)、OSSメディエーション、リアルタイムコントロール、エンタプライズデータ処理などの分野で、複数のミッションクリティカルなユースケースに対応する基盤となります。

世界で350社以上の大手企業が、データ管理ニーズの対応のためにDigitalRoute技術を使用しており、その中にはOEMパートナーとして、自社オファリングの中核に弊社のプラットフォームを使用していただいている企業もあります。DigitalRouteは、エンタプライズ、オープンマインド、コミットメントなどの弊社のコアバリューを活かして構築されています。弊社の従業員数は約200人で、本社はスウェーデンのストックホルムに、地域事務所はイェーテボリ、アトランタ、クアラルンプールにあります。DigitalRouteはベンチャーの後援を受けている株式非公開会社です。

(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

DigitalRouteおよびMediationZoneは、Digital Route ABの登録商標です。他のすべての商標は、それぞれのオーナーの所有物です。

お問い合わせ情報
詳しい情報や、Andreas Zartmannへのインタビューについては、下記にお問い合わせください。
Sancha Brody
メディアおよびアナリストお問い合わせ先
メール: sancha.brody@digitalroute.com
電話: +44 (0)7376 366855

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。