Anpac Bio:「リキッドバイオプシーの先駆者」が個人、医療、保健、企業の顧客に5万件超の検査を実施

Anpac Bio-Medical Science Company 2017年10月18日

From 共同通信PRワイヤー

Anpac Bio:「リキッドバイオプシーの先駆者」が個人、医療、保健、企業の顧客に5万件超の検査を実施

AsiaNet 70620 (1639)

【サクラメント(米カリフォルニア州)2017年10月18日PR Newswire=共同通信JBN】国際的生命科学企業Anpac Bio-Medical Science Company( (リンク ») )の最高経営責任者クリス・ユー博士は今週、同社が独占権を持つ「Cancer Differentiation Analysis(がん識別分析)(CDA)」( (リンク ») )リキッドバイオプシー・テストの実施・報告が世界中で5万件を超える新たな国際記録を樹立したと発表した。

Logo - (リンク »)

World Nobel Prize Laureate Summit(世界ノーベル賞受賞者サミット)で「流れを変える」と呼ばれ「Breakthrough Innovation Award(画期的イノベーション賞)」を受け、2017年Global Precision Medicine Industry Awards(世界精密医療産業賞)で「Most Promising Cancer Screening Company(最も将来有望ながん検査会社)」に選ばれたAnpac BioのCDA技術は早期がん検査・検出を事実上作り直すものだ。

簡単で標準的な血液検査を分析し、Anpac Bioの独自の重層的、多パラメータの診断アルゴリズムを適用することにより、Anpac BioのCDA技術は大半の現在の一般的検査方法より著しく正確にがんを識別する。患者への副作用はなく、「偽陽性」ははるかに少なく、従来の検査よりかなり安く、検体提出から数分内に結果が出る。

これまでに実施された5万件超の包括的調査有効性データは、CDA診断法が26件超のがんを矛盾なく検出、感度・特異度は75-90%で、通常は最も早期の段階で病変を識別することを示している。

同社は世界中で200件を超えるCDA関連の特許を申請、65件超が現在付与され、6カ所で世界的に100人余がこの作業を続けている。

ユー博士は「Anpac Bioは2008年に創業以来、"リキッドバイオプシー"分野の先駆者であった。当社のCDA技術はアジアの最も評価の高い有名な数十の医療機関で広範囲に試験、検証され、日常的に利用されてきた。米国でも同様に正確で肯定的な結果を出している。この研究は公表され、American Society of Clinical Oncology(米国臨床腫瘍学会、ASCO)( (リンク ») )やWorld Nobel Prize Laureate Summitのような評価の高い科学機関に提出されており、当社のCDA検査には大変な需要がある。当社は現在、個人、医療システム、保険会社、教育機関、企業向けにCDA検査を実施している。われわれは当社のCDAデバイスが研究所を越えて発展し、実際の人々に実際の検査を実施して毎日生命を救っていることを非常に誇りに思う。この調子なら、世界で当社のCDA件数は2018年に倍増し、もっと多くの命を救うと予測している」と語った。

Anpac Bioの詳細は次を参照: www.AnpacBio.com

ソース:Anpac Bio-Medical Science Company

▽問い合わせ先
Drisha Leggitt
+1-916-206-2553
Drisha_Leggitt@AnpacBio.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]