Brilia、成長加速へ4000万レアルの出資を獲得

Brilia 2017年10月25日

From 共同通信PRワイヤー

Brilia、成長加速へ4000万レアルの出資を獲得

AsiaNet 70680 (1661)

【サンパウロ2017年10月25日PR Newswire=共同通信JBN】ブラジルのLED(発光ダイオード)照明製品開発・販売のバイオニア企業であるBriliaは、ニューヨークに本拠を置くグローバルなプライベートエクイティ企業のCartesian Capital Group, LLC(CCG)から4000万レアルの出資を受けたと発表する。この投資は総額8000万レアルの出資計画の第1弾で、Briliaの成長加速と市場シェアの拡大を後押しする。

2009年にビニシウス・マルチーニ氏とレアンドロ・ネベス氏が創業したBriliaは、LEDライトや一体型器具、ストリップライト、アクセサリーを、デザインと性能、耐久性を重視して開発、販売する。5000カ所を超える販売拠点を持ち、年商は2億2000万レアルを超え、住宅照明と商業照明の完全なLED照明ソリューションを提供している。

コマーシャルディレクターのレオナルド・アルーダ氏によると「Briliaは今年これまでに2016年と比べて61%成長した。それは主に、昨年半ばに始めた販売拡張、ブラジル国内でのさらなる水平的販売への投資、消費者の期待に十二分応える製品の発売によるものだ」

CCGのシニアマネジング・ディレクターで、Brilia取締役会に同ファンドの代表として加わったベス・マイケルソン氏は「LEDはその高いエネルギー効率と多用途性、優れた色合い、向上を続ける競争力によって照明業界に革命を起こしている。創業者と幹部が比較的短期間でLED照明ソリューションをマーケットリーダーへと育てた世界クラスの経営と効率に、われわれは感銘を受けている。Briliaが十分な成長資本を持つように投資したわれわれは、同社がCCGのグローバルな実績を生かしてその可能性を十分に発揮できると信じている」と述べた。

業界の見通しによると、LED技術は2023年までに商業用と住宅用マーケットのすべての照明器具販売の74%を占めるようになる。

▽Briliaについて
BriliaはブラジルのLED照明ソリューションの開発・販売を手掛けるバイオニア企業。Briliaは「光がすべてを変える」(Light Changes Everything)と信じ、変容する光の力を消費者の手に与えるソリューションを提供する。ブラジルに5000カ所以上の販売拠点を持ち、住宅用と商業用の完全なソリューションをそろえている。

Briliaはサンパウロに本社があり、LED製品の設計と開発を専門に行うチームを持つ。アジアの子会社のほかに、イタジャイに最新物流センターを置き、サプライチェーン管理と品質管理に務めている。業界では大手ブランドと評価されるBriliaは、米州最大の建築・内装・造園展示会CASACORのオフィシャル照明サプライヤーを務め、利益にとらわれずに地球と社会に奉仕するグローバルな企業運動であるBコーポレーションの選ばれたグループに属している。

▽Cartesian Capital Group(CCG)について
Cartesian Capital Groupはニューヨーク、サンパウロ、上海、ワルシャワ、バミューダにオフィスを置くグローバルなプライベートエクイティ企業。CCGは株式非公開や家族経営の企業が国内外で事業を拡大するのを助ける証明済みの専門知識を持っている。

a4&holofote comunicacao
+55 11 3897 4122

ソース:Brilia

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]