Foundry ServerIron保守 マイナーなネットワーク機器も調達ルートを駆使して保守延長可能

東京技術者より大阪地区技術者への迅速なスキルトランスファーを行うことにより、保守延長サービスの提供が可能に

データライブ株式会社 2017年10月26日

顧客概要:金融・保険業 事業規模:1億円以上 対象機:Foundry ServerIron 4G (SI-4G) 11台 機器設置場所:大阪 保守レベル:オンサイト保守(平日9-17時)

■データライブへ問い合わせを行ったきっかけ
2015年3月に保守延長のご相談をいただきました。

対象機器は特殊なネットワーク機器であったため、東京地区では保守延長の実績がありましたが、今回ご相談いただいた大阪地区では実績がございませんでした。

また特殊な機器のため、保守用部材についても調達難航が予想されました。

■お客様がご心配された点
メーカー保守提供期間内は、SIerにまかせており、メーカー保守終了後の対応については検討いらっしゃらなかったとのこと。

メーカー保守終了間際(=1ヶ月半前)になってはじめて、保守切れ後の対応をどうしようということになったそうです。データライブに相談をもちかけてみたが、マイナー機器の保守を引き受けてもらえるかどうか、またご希望の保守開始時期に間に合うのかどうかがお客様のご不安でした。

■データライブの対応
東京技術者より大阪地区技術者への迅速なスキルトランスファーを行うことにより、保守延長サービスのご提供を可能にいたしました。
特殊な機器のため部材調達も簡単ではありませんでしたが、あらゆる調達ルートを駆使して必要な部材を確保し、保守ご提供を可能にいたしました。
短期間で1,2の課題を解決させていただき、お客様のご希望通りに保守を開始させていただきました。

メーカー保守終了後もシステムを安全に稼動させる保守延長(EOSL/EOL保守)サービスでシステムの継続性を確保いたします。EOSL/EOL保守のことはお気軽にデータライブにご相談ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

データライブ株式会社の関連情報

データライブ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]