顔面輪郭再手術、失敗の原因の把握が重要。

TL Plastic Surgery 2017年10月26日

From 共同通信PRワイヤー

顔面輪郭再手術、失敗の原因の把握が重要。

AsiaNet 70713

- 安全で適切な方法を見つけるには注意が必要。TL整形外科発表

【ソウル(韓国)2017年10月26日PR Newswire】

時代の変化と共に美男美女の基準も変わってきている。この頃、 韓国輪郭成形の最新トレンドは 小顔でシャープなVラインのフェイスラインが新たな美の基準として定着しつつある。そのような中で、顔面輪郭手術を通してフェイスラインを改善しようとする患者様が増えている。

顔面輪郭手術は大きく「頬骨縮小術」、「エラ縮小術」、「顎先(オトガイ)縮小術」に分類される。TL整形外科のチェ・セウン代表院長は「それぞれの手術部位によって適切な手術法があり、神経線と複雑は血管組織が混ざり合った顔の骨を切骨、切除しなければならない難易度の高い手術であるため、慎重に選択することが大事である」と 発表した 。

近頃は顔面輪郭手術を執行する病院が増えることで、無分別な広告や手頃な手術代に幻惑され、間違った選択によって輪郭再手術を考えている方が多い。初手術と同じくらいの需要があるといわれている。

顔面輪郭手術は、個人の身体的条件と全体的なバランスを考慮して矯正しなければならない。しかし、ただ単に小顔を目指して、切除する量と手術方法を考慮しなかった場合、美的な不満だけではなく機能的副作用も引き起こす可能性がある。

輪郭手術を受けたのにフェイスラインが滑らかにならなかった、顔の横幅が狭くなっていない、など改善効果が曖昧な場合/頬骨、エラ、顎先の中でどれか一箇所だけ改善・又は過度な改善による不自然な結果を招いた場合/手術前のカウンセリングが精密ではなかった場合/担当ドクターの未熟さによる二次角、不正融合、非対称のような副作用を起した場合、、、等々輪郭の再手術には多様な理由が挙げられる。

TL整形外科のチェ・セウン代表院長は「輪郭再手術は、既に初回の手術によって骨と南部組織などが変形してしまい、高度の専門性を要する手術になるため、初手術よりも慎重に慎重を重ねるべきであろう」と指摘し、更にチェ・セウン代表院長は「手術前は3D-CTのような最先端医療装備を通して精密検査を行い、輪郭手術の経験が豊富なドクターとのカウンセリングを通して初手術の失敗の原因を正確に把握することが一番重要である」と強調した。

TL整形外科・チェセウン代表院長は「ドクターによって好む手術法が異なるため、自分に適切な手術法を見つけ、徹底した手術のスケジュールを立てるなど、専門医との綿密なカウンセリングが望ましい。また、応急事態に迅速に対応できる体系的な安全システムが整っているかどうか、麻酔課専門医が常駐しているかどうか、などを入念にチェックしてから手術に臨むことが顔面輪郭手術を成功に導く道である」とアドバイスしている。

【LINE】jptlps
【e-mail】jp.tlpskorea@gmail.com
【アメーバブログ】 (リンク »)
日本語コーディネート 佐藤美穂
問い合わせ先: +82-10-8402-0070


Photo - (リンク »)


(日本語リリース:クライアント提供)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]