外勤スタッフ向けに特化した勤怠管理システム「エンジェルコール」の4カ月間無料利用キャンペーンを10月26日開始!GPS機能やプッシュ通知機能で業務の負担を軽減

株式会社ウィングシステムズ 2017年10月26日

From ValuePress!

外勤スタッフ向け勤怠管理システム「エンジェルコール」の「秋のお試しキャンペーン」は11月末日までです。申し込みは無料お試し登録フォームから。仕事で必要な機能が1つのシステムにまとまっているので、簡単に効率的に管理ができます。アマゾン・ウェブ・サービスが提供するクラウドでシステムの安定性も抜群です。


[資料: (リンク ») ]


ソフトウエアの開発・販売で社会になくてはならない企業を目指す株式会社ウィングシステムズ(本社:宮城県登米市、代表取締役:小野寺伸浩)は10月26日(木)、自社開発した外勤スタッフ(事業所外勤務者)の勤怠と行動を管理できるシステム「エンジェルコール」を4カ月間、無料で利用できる「秋のお試しキャンペーン」を実施します。期間は11月末日まで。通常の勤怠管理システム(アプリ)とは異なり、外勤スタッフを管理する点に特化されています。GPS機能が付加され、外勤スタッフがどこから応答したか位置情報が分かるため、会社にいながらにしてスタッフの状況や行動を管理できる便利なシステムです。


▼エンジェルコール(外勤スタッフ向け勤怠管理システム)|秋のお試しキャンペーン:

(リンク »)


■申し込みは「無料お試し登録フォーム」から、後日アカウント情報送付

「秋のお試しキャンペーン」への申し込みは、無料お試し登録フォームのページから行うことができます。


プライバシーポリシーに同意の上、フォームに必要事項を記入して送信。必ずお試し期間で「4ヶ月 秋のお試しキャンペーン」にチェックを入れてください。後日、弊社担当者より折り返しご連絡を差し上げます。


▼エンジェルコール|無料お試し登録: (リンク »)


■GPS機能でスタッフがどこから応答したかを把握可能

2017年6月からサービスを開始した「エンジェルコール」は通常の勤怠管理の機能に加えて、外勤スタッフの行動と業務状況を把握できる機能や自動通知機能などが備わっており、外勤スタッフを管理する点に特化されています。特筆すべき機能は次の3点です。


1.プッシュ通知とGPS機能:スタッフがどこから応答したか把握できる。会社からスタッフのスマホにプッシュ通知*でメッセージを送ると、外勤スタッフはそのメッセージに予め設定された選択肢を選んで返信。返信結果はweb画面に一覧表示され、返信にはGPS情報が付されているので、管理者は簡単にスタッフの状況を知ることができる。プッシュ通知は予約時間に通知する「自動通知」と、いつでも可能な「随時通知」の2種類。GPS機能はプライバシーに配慮し無効にすることも可能。

*プッシュ通知:ユーザーがスマホのアプリを起動していなくても、端末へ通知を送る仕組み。E-mailと異なり、ユーザーが承認すれば確実に端末に表示されるため、読み忘れがない。


[資料: (リンク ») ]

2.リマインド/アラート機能:出勤する日時や場所、必要な機材・準備物など忘れてほしくない重要な連絡事項を出勤前に予め指定した時間にスタッフへ自動通知。リマインドすることで出勤忘れ、忘れの物などのリスクが減る。


3.クラウドシステム:AWS(Amazon Web Services)でサービスを提供しているため、トラフィックの集中や障害に強い。また、複数の国際基準を満たしたセキュリティーで安全性が高い。


また上記以外にも、以下のような特徴を持っています。


・外勤型社員やテレワークで働くスタッフの正確な勤務時間を把握できる。

・便利なアラート機能は、リマインダーとしての利用も可能。登録忘れのリスクが減る。

・毎月の出退勤管理も正確に管理できる。タイムカード機能により出勤状況、勤務時間、休暇などをリアルタイムで把握が可能。外出時間や移動時間も管理しているので、確実な時間管理ができる。緊急時のスタッフの安否確認にもなる。

・シフト調整が簡単に行える。変則的な勤務シフトでなかなか集まる機会が取れない場合でも、一覧で前後の勤怠状況を確認でき、シフト調整がやりやすい。業務毎に勤務評価を入力できるので悩まずアサインできる。それによって管理者の負担も減る。

・外国人スタッフに母国語でのメッセージ通知が可能。日本語が不慣れな従業員でも安心して利用できる。

・メッセージ、写真の送信機能において、送信範囲を設定できるので連絡したい内容を一度に多くのスタッフに正確に伝えることができる。

また、スタッフに現場の状況を画像で送ってもらい、クライアントとの共通認識を計る事でトラブルを減らせる 。

・会社からの指示、現場からの報告が文字として残るため、言い忘れや両者の解釈の相違が減少しトラブル防止につながる。

・通常のチャットアプリとは異なり、複数のスタッフに一斉配信しても、1対1のメッセージ交換なので、他のスタッフの動向・発言に左右されることなく、秘匿性も高い。

・当社開発のシステム(アプリケーション)のため、利用する業態や会社の形態によって使い勝手の良いよう、ニーズに合わせた形で画面のデザインや仕様の変更ができる。


上記のような機能・特徴を持つ「エンジェルコール」は、従業員の管理に悩む企業の潜在リスクを徹底的に排除し、” 働き方改革”を実現するために開発されました。


建築現場やリモートで働くスタッフ、外回りがメインの営業マン、客先へ直行・直帰の技術者など、管理者の目が届かない場所で働く社員・アルバイトの勤怠管理・連絡業務をスマホとクラウドで行えるため、これまで企業を悩ませてきた以下のような問題を解決できます。


・翌日出勤するかどうか流動的な要素があるなど、難しい外勤スタッフの管理

・現地集合、現場解散だから勤怠管理が大変

・ルート営業/サービスの行動が把握できていない

・通常のルート以外に訪問先の割り込みが入ることが多い

・突然の予定変更で、スタッフのアサインに手間がかかる

・複数現場の作業時間の把握で混乱する

・外勤/社外スタッフの管理が難しい

・月の人工集計の累計を毎日リアルタイムで確認したい

・給与計算が複雑で月の集計に1日使ってしまう

・他の業務も多く、集計だけに時間を使うのがムダ

・日本語に不慣れなスタッフが多い


■” 働き方改革”実現のために企業の潜在的リスク軽減が開発のきっかけ

「エンジェルコール」を開発するきっかけとなったのは、2016年に安倍政権によって提唱された経済対策の一つである” 働き方改革”に取り組む企業が増えた一方で、会社の目が届かないところで働くスタッフの管理が難しくなっている現状があります。


短時間しか働けない、毎日は働けないけど空き時間に仕事がしたいなど、働き手の多様なニーズに応えなければなりません。また、

1人分の仕事を複数人でシェアしてこなす社会の到来もあり、スタッフの管理はさらに困難になっていくことが予想されます。


社員やスタッフのミスがすべて会社の責任になる時代に、外勤スタッフの管理は企業にとって極めて重要な課題です。「エンジェルコール」は、外勤スタッフの効率的な管理を可能にすることで企業の生産性向上に結びつくように開発しました。


” 働き方改革”は国民の生活を物心両面から豊かにするものですが、その一方で導入する企業は潜在的リスクを伴います。そこでは企業の存立を危うくするようなリスクを避け、勝たないまでも負けない経営の発想の企業防衛が求められます。その点をクリアして、社会的課題である” 働き方改革”を実現する一助になりたいと考えています。


【株式会社ウィングシステムズについて】

本社:〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字八幡2-1-13

代表者:代表取締役 小野寺 伸浩

設立:1997年1月

電話番号:0220-21-1272

URL: (リンク »)

事業内容:ソフトウエアの受託開発、パッケージソフトの開発、販売


【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社ウィングシステムズ

担当者名:小野寺

TEL:0220-21-1272

Email: wing@seagreen.ocn.ne.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]