企業のオープンデータ/シェアードデータ推進を支援

株式会社エムエム総研 2017年10月27日

From 共同通信PRワイヤー

2017年10月26日

株式会社エムエム総研

企業のオープンデータ/シェアードデータ推進を支援
イベント、Web、SNS、テレマーケティングなど多様なマーケットコミュニケーションにより、
公開されたデータ価値と活用ニーズを繋げ企業のオープンデータ/シェアードデータ活用の活性化を支援

株式会社エムエム総研 (リンク ») (代表取締役社長:萩原 張広、以下「エムエム総研」)は、2017年10月27日より、国内でオープンデータ/シェアードデータに取り組む企業に向けた支援サービスを開始します。

1.背景
現在、国内のオープンデータは政府、自治体など公共のものが主流であり、企業が保有する情報資産のオープン化は進んでいません。その背景には、データ公開による企業のビジネスメリットが見えにくいこと、企業の保有するデータ利用についてのコンプライアンス懸念があること、が挙げられます。
エムエム総研は、BtoBマーケティングエージェンシーとして、データ保有企業のビジネスメリットに視点を置いたデータ公開、活用を企画・支援するサービスを開始します。

2.サービス概要
<サービス提供イメージ>
【画像: (リンク ») 】


●支援領域

 (1)ビジネス立ち上げ支援
    オープンデータの新たな活用と開発企業を発掘するコンテストの企画運営やダイレクトアプローチ、取り組みそのものの広報、オウンドメディア展開を支援します。

 (2)マーケティング支援
    オープンデータを活用した新サービス、新ビジネスのマーケティング活動を支援します。

 (3)マーケットリサーチ
    市場のニーズを収集、分析し、データ公開戦略に反映します。
   
3.提供開始日
2017年10月27日

4.提供範囲
日本国内(首都圏に本社、拠点を置く、公開可能なデータ保有企業を対象としています。)





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。