「ソフトウェア・テストサービス」提供開始のお知らせ

~ 「日本品質」のソフトウェア・テストをベトナムから支援 ~

株式会社コウェル 2017年10月27日

コウェルは2011年から「日本品質」をキーワードに日本市場向けのベトナムオフショア開発事業を展開し、ソフトウェア開発における品質向上の取り組みを推進してまいりました。このたび、従来のソフトウェア開発のサービスプロセスのなかで蓄積されたソフトウェア・テストのノウハウを集約し、日本市場で求められる品質要求に対応できるテストエンジニア(※1)を中心としたソフトウェア・テストサービスとして販売いたします。

グローバルITソリューション企業である株式会社コウェル(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣瀬倫理)は主にベトナムを拠点とした「ソフトウェア・テストサービス」の提供を開始いたします。

コウェルは2011年から「日本品質」をキーワードに日本市場向けのベトナムオフショア開発事業を展開し、ソフトウェア開発における品質向上の取り組みを推進してまいりました。このたび、従来のソフトウェア開発のサービスプロセスのなかで蓄積されたソフトウェア・テストのノウハウを集約し、日本市場で求められる品質要求に対応できるテストエンジニア(※1)を中心としたソフトウェア・テストサービスとして販売いたします。

現在、コウェルのベトナム開発センター(ハノイならびにダナン)には100名規模のテストエンジニアが在籍し、日本語でのコミュニケーション(会議、資料作成など)にも対応しております。
またベトナムの大学などの教育機関との連携による日本語対応可能なソフトウェア・テストエンジニア育成プログラム強化を通じ、2020年までにテストエンジニアを300名規模まで拡大することを目指しています。
コウェルは、「ソフトウェア・テストサービス」の提供を通じ、ソフトウェアの品質向上に貢献してまいります。

<「ソフトウェア・テストサービス」の3つの特長 >
1.ISTQB(※2)認定テスト技術者多数在籍
2.ソフトウェア開発・テストの工程全体の品質とコストのコントロールを支援:テスト自動化、CI (Continuous Integration/継続的インテグレーション)やCD (Continuous Delivery/継続的デリバリー)の連携導入支援、テスト設計、品質改善などの上流工程支援にも対応
3.豊富なソフトウェア開発経験にもとづくソフトウェア・テストの実績(ECサイト構築、メディアサイトなどのウェブシステム、業務システム、スマートデバイスアプリケーションなど)

<「ソフトウェア・テストサービス」のご利用モデル >
1.ラボ型:他社で開発されたソフトウェアをテストするエンジニアチームを準委任契約で提供
2.受託型:他社で開発されたソフトウェアの第三者検証サービスの提供(受入テスト代行)

<サービス概要>
提供開始予定日:2017年11月1日(水) 
提供価格:24万円(税抜)/人月から
サービス紹介ページ: (リンク »)

<「ソフトウェア・テストサービス」の背景 >
「ソフトウェア開発データ白書 2016-2017」(独立行政法人情報処理推進機構) によると開発工程に占めるテスト工程の割合は33.4%とされ、ソフトウェア開発の工程全体の約三分の一を占めます。しかしながら日本国内の慢性的なエンジニア不足により十分なテストリソースの確保が困難なケースがあることや、テスト工程を開発エンジニア自身が行うことによる生産性の低下がソフトウェア開発における課題のひとつになっています。
こうした背景からソフトウェアのテスト工程をアウトソーシングする市場は拡大しており、世界のソフトウェア・テストのアウトソーシングサービス市場は、2014年~2019年のCAGRで10.25%の成長が見込まれています。(「ソフトウェア・テストのアウトソーシングサービスの世界市場:2015年~2019年」(Infiniti Research Ltd.)

用語解説

※1:テストエンジニア:ソフトウェア・テストを担当するエンジニア(Quality Assurance エンジニア)
※2:ISTQB:ソフトウェア・テストに関する国際的な資格認定団体「International Software Testing Qualifications Board」の略称

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コウェルの関連情報

株式会社コウェル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。