~朝起きたら冷たくなって死んでますように~ 夫の「死」を願う妻たちの叫びが満載『だんなデス・ノート』10/27発売!

株式会社 宝島社 2017年10月27日

From PR TIMES

テレビ、週刊誌で話題沸騰! 1日70万アクセス! 妻たちのホンネ投稿サイトが禁断の書籍化

株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、2017年10月27日(金)に書籍『だんなデス・ノート』を発売します。



〈旦那の歯ブラシで毎日トイレ掃除をしています〉――。
〈わたしの人生最大の喜びはアイツの無様な屍を前に大笑いしながら家族とハイタッチをする事です〉――。

[画像1: (リンク ») ]

「夫に死んでほしい」と願う妻たちが、夫への不平・不満、夫の死の願望を投稿するサイト「だんなデスノート」。
会員数は1万人超、アクセスは1日約70~80万。数々のテレビ・雑誌などでも紹介された話題のサイトが、ついに書籍化!
“不満や愚痴は一人で悩み続けず、どこかに吐き出す必要がある”と考えるサイト管理人が社会に送り出す、読んでスッキリ、孤独なストレスを和らげる一冊です。


誌面より(一部抜粋)
『朝起きたら冷たくなって死んでますように』
『死体で帰ってこい! 赤飯炊いてやるから』
『借金まみれの結婚生活、腎臓売って返済しろ』
『テクニックもなにもない小学生以下のエッチ』
『てめぇのことATMとしか見てねぇからな』

[画像2: (リンク ») ]


--------〈 目次 〉--------
第1章 だんなの不倫、浮気、許せない!
第2章 だんなとセックス、無理!
第3章 だんなのDV、モラハラ、許せない!
第4章 復讐してます、だんなに!
第5章 とにかく死んでよ、だんな!


監修:牧田幸一朗(まきた こういちろう)プロフィール
旦那の「死」を願う妻たちの本音サイト「だんなデスノート」管理人。1980年、東京都世田谷区生まれ。
プログラマー、歌舞伎町ホスト、六本木バーテンダー、動物保護、ITマーケティングなどを経て、現在に至る。本業は、留学、乳幼児の英語教育を専門としたマーケティング。具体的な事業は、集客におけるコンサルティング、キャッチコピー・ブログコンテンツの作成。現在は、30歳以上の女性に向けた海外留学など、海外教育事業にも携わっている。

[画像3: (リンク ») ]


『だんなデス・ノート』
定価:本体1100円+税
発売日:2017年10月27日
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]