Dr.Web 11.0.4 for UNIXをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific 2017年12月18日

Doctor Webは、Dr.Web Anti-virus for Linux、 Dr.Web Anti-virus for UNIX Mail Server、 Dr.Web Anti-virus for UNIX File Server および Dr.Web Anti-virus for Internet Gateways Unix をバージョン11.0.4へアップデートしました。今回のアップデートでは、製品アップデートのメカニズムが改善されたほか、新機能が加えられ、発見されたエラーが修正されました。

###

上記の全製品において、以下の変更が加えられました。
新しい製品アップデートのメカニズムが導入されました。ディストリビューションファイルから製品をインストールする際に、システム上にDr.Webリポジトリのアドレスが書き込まれるため、それを利用してDr.Webアンチウイルス製品を更新することができます。

Dr.Web Anti-virus for Linuxでは、以下の変更が加えられました。
デフォルトでインストールされるコンポーネントからDr.Web LinkCheckerが削除されました。尚、手動でのインストールは可能です。
メールトラフィックのスキャンを管理できるオプションがプログラムのインタフェイスに追加されました。
Dr.Web Enterprise Security SuiteのAgentとして動作する場合、スケジュールスキャンを実行するオプションが無効化され、その設定の変更が不可能となりました。しかし、ESモードを解除した場合には、設定は編集できますが、スキップされたスケジュールスキャンは、実行されません。

Dr.Web Anti-virus for LinuxおよびDr.Web Anti-virus for Internet Gateways Unixでは、以下の変更が加えられました。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。