Parallel Wirelessが3G/4GエンドツーエンドSDRソリューションに2G能力を追加

Parallel Wireless 2017年11月01日

From 共同通信PRワイヤー

Parallel Wirelessが3G/4GエンドツーエンドSDRソリューションに2G能力を追加

AsiaNet 70766 (1699)

【ナシュア(米ニューハンプシャー州)2017年10月31日PR Newswire=共同通信JBN】
*この革新的なアプローチによって、オペレーターは2Gネットワークを容易かつコスト効率よく展開、拡大し、将来においても有効にすることができる

セルラーネットワーク展開をWi-Fiと同じように容易でコスト効率に優れたものにするリーダー企業Parallel Wireless, Inc.は31日、同社のエンドツーエンド・セルラーネットワーク・テクノロジーに2G能力を追加すると発表した。このソリューションは2G/GSMにネットワーク仮想化原理(NFV)を追加し、2Gネットワークを展開ないしは拡大するコストと複雑性を軽減するとともに、コスト効率に優れた3G/4Gへの移行を実現する。これは2020年でも2Gを依然として使用する新興市場の40%(GSMAによる)だけでなく、NB-IoTでの使用に2Gスペクトラムをリファーミングする先進市場にも恩恵をもたらす。

このソリューションはParallel Wirelessの2つの主要コンポーネントを活用する。

1.単一プラットフォーム上で必須のネットワーク機能を仮想化し、ネットワークの簡素化と自動メンテナンスを可能にする業界唯一の3GPP準拠2G/3G/4Gネットワーク・オーケストレーターであるHetNet Gateway(HNG)。ソフトウエア・アップグレード可能プラットフォーム上であらゆるGを統合し、オーケストレートすることによって、HNGは5Gへの道を開く。

2.市販シリコンを使って構築された世界初の2G/3G/4G基地局のコンバージド無線システム(CWS)は単一のスモールフォームファクターの中でBaseband Unit(BBU)、Remote Radio Head(RRH)、エッジルーター、柔軟なバックホールを統合する。CWSは2G/3G/4Gアクセスのあらゆる組み合わせを同時に提供し、約半分の価格で最大のRFアウトプットを生み出し、最も遠い距離をカバーする。

HetNet GatewayのインテリジェンスとCWSの柔軟性によって、この革新的なソリューションは以下のメリットを世界中のオペレーターに提供する。

*ソフトウエア無線(SDR)機能を通じたコスト効率に優れたネットワーク・アップグレード機能
同一フォームファクター上でGSM、UMTS、LTEを統合することによって、オペレーターは2Gアクセスを提供するとともに、HNGからのソフトウエア・アップグレードによって自分のペースと経費で現場の装置を置き換えることなく3G/4G能力にシームレスに移行することができる。

*向上したエンドユーザー体験
すべての認可ないしは無認可トラフィックがHetNet Gatewayの仮想化リアルタイム2G/3G/4G SONによってオーケストレートされるので、このソリューションはエンドユーザーが自らの体験に影響を与えることなく、セルラーとWi-Fiテクノロジーとを自動的に切り替えることを可能にする。

*アーキテクチャーおよび運営上の簡素化
HNGのNetwork Function Elimination(NFE)アプローチによって、オペレーターは単一のプラットフォーム上の2G、3G、4Gゲートウエー機能を統合し、あらゆるネットワークの展開およびメンテナンスを簡素化できる。HetNet GatewayのリアルタイムSONは自己最適化機能によって継続中のメンテナンスを自動化する

*市場最小のTCO(総保有コスト)
容易なインストレーションと単一ソリューション上の2G/3G/4Gを駆動する能力は柔軟なインバンド・リレー/メッシング・バックホールも相まって、オペレーターのCAPEXを軽減する。最小の電力消費とネットワーク自動化はOPEXを軽減するため、オペレーターはネットワークの全ライフサイクルで収益性を高めることができる。

賛辞
Global Dataの副社長兼主任アナリストであるピーター・ジャリッチ氏は「2G展開が存続し、将来サポートが必要な市場が世界には多数ある。しかしながら2G研究開発は必ずしもすべてのネットワークベンダーの最優先事項ではない。2GへのサポートはParallel Wirelessにとって当然の措置であり、ベンダーの3G/4G展開を足場にして柔軟な設計のアーキテクチャーを構築する。将来のネットワーク拡大に投資して新興市場のサービスを提供しようと考えているオペレーターにとって、この機能は歓迎されるだろう」と語った。

Parallel Wirelessのラジェシュ・ミシュラ創設者兼最高技術責任者(CTO)は「未接続の人々を接続し、生活を向上させるという当社の使命の一環として、信頼できコスト効率に優れた2Gカバレッジを提供することは欠くことができないことである。2G能力を当社のソリューションに追加することによって、われわれはあらゆるGセルラーネットワーク向けのコスト軽減とネットワーク簡素化を提供し、オペレーターが未接続の人々を接続する際に採算の合うようにすることができる。コスト効率よく2Gから4Gにアップグレードできるこのソリューションは現時点で、5G対応のネットワーク・アーキテクチャーも生み出す」と語った。

▽Parallel Wirelessについて
Parallel Wirelessはセルラーインフラストラクチャーのアーキテクチャーを再考し、地方、エンタープライズ、公共の安全、M2M、スマートシティー、過密都市にかかわらず、キャリアがWi-Fiと同じように容易かつコスト効率に優れた形であらゆるGセルラーネットワークを展開することを可能にする。同社は現在、6大陸の主要大手オペレーターと開発ないしトライアル関係にある。Parallel Wirelessのイノベーションとエクセレンスは、33の業界賞で認められている。詳細はウェブサイトwww.parallelwireless.com を参照。

Parallel Wirelessの革新的な2G/3G/4Gエンドツーエンド・ソリューションに関する詳細はAfricaCom 2017( (リンク ») )でのミーティングを設定していただきたい。

ソース:Parallel Wireless

▽問い合わせ先
Eugina Jordan,
Parallel Wireless, Inc.,
ejordan@parallelwireless.com,
+1-603-589-9937


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]