Norbert Preining氏による、「アクセリアの研究コラム」連載開始

アクセリア株式会社の研究開発部社員であるNorbert Preining氏による、コラム連載を開始しました。 https://www.accelia.net/column/research/

アクセリア株式会社 2017年11月02日

第1回:今さら聞けない、機械学習/ディープラーニングとは!?

「機械学習のルーツは、1950年代半ばの人工知能」
 一連のコラムでは、機械学習、特にディープラーニングの歴史、開発、現在の状況、および将来の見通しを紹介します。 先ず機械学習を例にとってみます。私たちは、おそらく毎日無意識に機械学習を使用しています。

ウェブ検索を行うたびに、表示される関連した語の提供は、機械学習です。
SNSと写真管理プログラムを使うたびに、自動的に友人の顔を認識されるのは、機械学習です。
はがきか手紙を送る際に、自動的に郵便番号の認識するのは、機械学習です。
メールを読んで、多くの迷惑メールが自動的に除外されるのは、これも機械学習です。

 したがって、機械学習(最近ではディープラーニング)は、私たちの日常生活のなかで、それなしで生活することを合理的に想像することができないほど広がっています。 ディープラーニングのルーツは、50年代半ばに始まった人工知能(AI - Artificial Intelligence)です。初期の著しく速い技術進歩の中、Herbert Simon氏は「20年以内に、機械は人間ができる仕事をすることができる」という過度に楽観的な予測をしました。実際には進化速度は減速しました。近年、コンピューティングパワー(しばしばGPUデバイスを使用)の増加に伴い、機械学習、特にディープラーニングが研究開発の中心に戻りました。


・・・ここから先は、アクセリア株式会社で公開中のコラム本編でご確認ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクセリア株式会社の関連情報

アクセリア株式会社

アクセリア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]